お気に入り カート

【厳選10選】結婚式に参列する親族の服装マナーとおすすめドレスをご紹介

親族の服装で気をつけるマナーとは?親族の服装で気をつけるマナーとは?

親族として結婚式に参列する場合は、どんな服装を用意すれば良いかお悩みではありませんか?

親戚と一口に言っても、両親・兄弟・祖父母・従兄弟など様々な立場があります。

それぞれ結婚式に参列する身内の服装マナーを知っておくことは大切です。

この記事では、親族として結婚式に参列する方に向けて、相応しい服装マナーについて解説していきます。

おすすめのドレス10選も合わせてご紹介致しますので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

結婚式に参列する親族の服装マナーとは?

結婚式に参列する親族の服装マナーとは?

子供の頃、親戚の従兄弟(いとこ)などの結婚式に出たことがある方は多いかと思います。

学生の頃に結婚式に参列する際は、学生服で出掛けた思い出があるでしょう。

年齢を重ねて大人になると、親戚の構成に変化が出てきます。

自分の立場が新郎・新婦の兄弟姉妹、息子や娘、おじ・おばとして、様々な立場で参列することになります。

新郎・新婦の親族として結婚式に出る場合は、友人としての参列者とは違った立場になるので注意が必要です。

新郎・新婦のどちらかの親族として結婚式に出席する方は、主催者側としてゲストを迎える立場になります。

新郎・新婦の友人や同僚として参列する方は、ゲストとして迎えられる側となるので立場が違います。

親族は結婚式に相応しい服装で参列して、しっかりとした態度でゲストに対応することが大切です。

新郎・新婦の晴れの舞台に迷惑とならないように行動にも気を使いましょう。

親族の服装はきちんとしたフォーマル感が大切

新郎・新婦の友人や同僚の場合は、華やかさを演出できる服装で参列される方が多いです。

しかし、親族はゲストを迎えて、もてなす側にいますので、華やかさよりもきちんとした印象となる服装を選びます。

親族の参列者は、フォーマル感を意識した服装選びを心がけましょう。

新郎・新婦の両親の服装マナー

新郎・新婦の両親は、親族の中でも最も新郎・新婦に近い立場にあります。

どちらの両親も重要な立場にあり、特に父親は親族代表として参列します。

新郎・新婦の両親に相応しい服装は正礼装を選んでフォーマル感を出すことが大切です。

父親の正装
結婚式が昼間に行われる場合はモーニング、燕尾服
夕方から夜に行われる場合は正礼装より格式を下げた準礼装タキシード
和装は五つ紋付羽織袴
母親の正装
昼間に行なわれる結婚式の場合はアフタヌーンドレス
夕方から夜に行われる場合はイブニングドレス
和装は黒留袖

両家の両親は服装を揃える

新郎側の両親が洋装で参列しているのに、新婦側の両親は和装の場合は、雰囲気がちぐはぐになってしまいます。

結婚式では多くの写真撮影がありますので、両家の服装はミスマッチにならないように、服装を揃えることも大切です。

結婚式の会場の雰囲気も考慮して、事前に両家の両親が洋装・和装を話し合っておきましょう。

両家の親族全員が和装・洋装で統一するのは大変ですので、「絶対コレで」という必要はありません。

ただし、あまりに服装に偏りがある場合は、会場の雰囲気にも違和感がありますので、ある程度は決めておくようにしましょう。

両家の親族と上手く連絡を取り合うのは、新郎新婦の役割です。

結婚式の親戚は洋装・和装のどちらにして欲しいか希望がある場合は、 事前に伝えておくと親切です。

新郎・新婦の兄弟姉妹の服装マナー

新郎・新婦に近い立場にある両親の次に当たるのが兄弟姉妹です。

  

新郎新婦の兄弟姉妹として結婚式に参列する場合は両親よりも少し控えめな礼装・準礼装を選びます。

結婚パーティーやガーデンウェデングなどカジュアルな会場の場合は、略礼装を着ても問題ありません。

兄弟の洋装
ブラックスーツ、ダークスーツ
白・シルバー・白黒ストライプなどのネクタイ
黒の革靴
兄弟の和装
三つ紋付羽織袴、グレー・紺などの紋付羽織袴

兄弟は新郎と見間違えてしまうこともあるため、洋装を選ばれるケースが多いです。

高校生以下は制服着用で問題ありません。

姉妹の洋装
フォーマルワンピース、カクテルドレス
高校生以下であれば制服
姉妹の和装
未婚の場合は振袖
20代~30代前半で既婚の場合は色留袖
既婚者全般は黒留袖

新郎・新婦のおじ・おば・いとこの服装マナー

新郎・新婦のおじ・おば・いとことして、結婚式に出席する場合は、準礼装や略礼装が一般的です。

フォーマル感よりも、新郎・新婦よりも目立たない装いを意識しましょう。

おじ・従兄弟の洋装
ブラックスーツ、ダークスーツ
白系の色味の入ったネクタイ
黒の革靴
おじ・従兄弟の和装
三つ紋付羽織袴、グレー・紺などの紋付羽織袴
おば・従姉妹の洋装
フォーマルワンピース、セレモニースーツ
おば・従姉妹の和装
未婚の場合は振袖
20代~30代前半で既婚の場合は色留袖
既婚の場合全般は黒留袖

海外挙式での親族の服装

海外挙式での親族の服装

最近は、ハワイやグアムなどビーチリゾート地で海外挙式を挙げる新郎・新婦も多く見られます。

海外挙式の場合は、新郎・新婦の親族は、現地の正装を着るケースが多いです。

例えば、ハワイ挙式の場合は、男性参列者の服装はアロハシャツと白またはベージュのスラックス、チノパン、革靴のコーディネートとなります。

女性の参列者は、ムームーとローヒールのパンプスが正装です。

海外挙式の場合は、ドレスコードの指定がある場合もあるので新郎・新婦の意向も確認しておきましょう。

リゾート地に相応しい明るいカラーを選ぶと写真映えもするのでおすすめです。

衣装代を安く抑えたい方は、お呼ばれの衣装の一式をレンタルすると便利です。

日本人経営の現地のレンタルドレスで予約すれば最新トレンドの正装を格安でレンタルできます。

結婚式場や旅行会社の提携店でも手軽にレンタルできるので検討してみましょう。

親族向けのドレス選び方

ここからは、女性の親族がドレスを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

結婚式会場の格式が高ければ、服装のフォーマル度も高くなります。

セミフォーマルの服装は、袖ありドレス、アンサンブルスーツが適しています。

ドレスは、サテンなど光沢や透け感、ハリ感があるドレッシーな素材がおすすめです。

スーツの色や素材は、統一感のある組み合わせを意識して、同色無地を選ぶようにしましょう。

スカート丈は膝丈より下の長さにすると、フォーマル感が出ます。

最近は、パンツスーツで結婚式に参列される女性も増えてきましたが、カジュアルな印象を与えることあります。

そのため、親族の参列者はドレスまたはスカートのスーツを選ぶようにしてください。

カラーの選び方

親族の参列者がドレスを選ぶ際は、ネイビー、ブラック、ベージュといったベーシックなカラーが一般的です。

 

素材は、光沢感のあるサテン生地、刺繍デザイン、透けないレースなどを選ぶと、ベーシックな色味でも品よくドレスアップできます。

シルク混はフォーマル感がありますが、ポリエステルはセミフォーマルの扱いとなるので注意しましょう。

親族の服装マナーは露出を抑えることは重要ですから、ジャケットまたは袖付きボレロの羽織り物を用意します。

老舗のホテルなどの格式ある会場では、ドレスと同色同素材の羽織りを選ぶと上品にまとまります。

20代におすすめの親族向けドレス

黒、ネイビー、ベージュなどのベーシックカラーでフォーマル感を意識したい親族席ですが、姉妹や従妹、遠縁の親戚などの場合は派手になり過ぎないカラードレスでもOK。
20代女性にぴったりの可愛さときちんと感を兼ね備えた親族向けドレスをご紹介します。

①ネイビーのサテン切替ドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
サテン切替ドレス
ネイビーの
サテン切替ドレス

ネイビー×フィット&フレアシルエットのサテン地ドレスは、親族としての参列の際にも間違いない王道の一着。ドレス初心者さんにも安心のベーシックデザインながらも、デコルテの透け感やビスチェ風デザインが程よく今っぽさを演出してくれます。 羽織は、胸もとのデザインを隠さないストールがおすすめ。小物類をベージュでまとめると、柔らかでより女性らしいコーディネートに。

②シルバーのラップスカート風ドレス

親族マナー
親族マナー
シルバーの
ラップスカート風ドレス
シルバーの
ラップスカート風ドレス

上品なカラードレスで親族席に華を添えたい時におすすめの、艶やかなシルバードレス。巻きスカートのようなボリュームのあるデザインのスカートが印象的。ウエストリボンは前後どちらでも結ぶことができるので、シーンや好みに合わせてアレンジ可能です。 羽織はネイビーのボレロが好相性。甘過ぎないデザインを選ぶことで、ドレスの可愛らしさを活かしつつもきちんと感をキープ。辛口小物でシャープにまとめ、大人っぽく着こなして。

③ネイビーの半袖レーストップス付きフレアドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
半袖レーストップス付きフレアドレス
ネイビーの
半袖レーストップス付きフレアドレス

繊細なレーストップスが今っぽくて可愛いネイビードレス。着脱可能なトップスを脱ぐと、幅広の肩紐がガーリーなワンピーススタイルに早変わり。レーストップスをドレスのINに着るアレンジもOK◎披露宴と二次会パーティーで印象の違うスタイルを楽しむのも素敵です。 ドレスの雰囲気に合わせ、ベージュ小物で可愛らしくまとめたコーディネートがおすすめ。

④ブルーグレーの総刺繍フレアドレス

親族マナー
親族マナー
ブルーグレーの
総刺繍フレアドレス
ブルーグレーの
総刺繍フレアドレス

艶のある総刺繍がラグジュアリーで、高級感漂うブルーグレードレス。春夏の式やガーデンウェディングにもよく映える一着。爽やかな華やかさで、親族席でも悪目立ちせず上品に着こなせます。ふんわり感がキープされるスカートや太めのウエストリボンでシルエットも綺麗。 小物類は黒で揃え、ジャケットやポインテッドトゥを合わせると、よりクールできちんとした印象に。

⑤ワインレッドのチュールプリーツドレス

親族マナー
親族マナー
ワインレッドの
チュールプリーツドレス
ワインレッドの
チュールプリーツドレス

秋冬のお呼ばれで着こなしたいワインレッドのドレス。チュールプリーツからきらきらと透ける花柄レースがポイント。トップスのタック使いや、縦のラインが強調されるプリーツスカートがスタイルアップも叶えてくれます。 フォーマル感を重視したい親族席では、すっきりした黒のジャケットやボレロを合わせるスタイルがおすすめ。シンプルなゴールドアクセもよく映えます。

⑥ワインレッドのチュール袖タイトドレス

親族マナー
親族マナー
ワインレッドの
チュール袖タイトドレス
ワインレッドの
チュール袖タイトドレス

袖あり×ハイネックで一枚でもおしゃれに決まるワインレッドのドレス。透け感のあるレースの甘さと、クールなタイトスカートが絶妙なバランス。可愛らしさと大人っぽさを備えた一着です。 ヘアスタイルはすっきりまとめたアップヘアがベスト。ネックレスはつけず、ベルトを合わせてコーディネートのポイントに。小物類を黒でまとめ、大人っぽく着こなすスタイルがおすすめです。

30代におすすめの親族向けドレス

可愛さやトレンドも抑えたいけれど、大人にふさわしい上品さも意識したい30代。
丈感や素材できちんと感を出しつつも、おしゃれ心をくすぐる30代女性にぴったりの親族向けドレスをご紹介します。

①ネイビーのサイド編み上げレース×プリーツドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
サイド編み上げレース×プリーツドレス
ネイビーの
サイド編み上げレース×プリーツドレス

動くとなびくロング丈スカートが軽やかなネイビードレス。レース×プリーツの組み合わせやロング丈など、トレンドをばっちり抑えた一着です。両サイドには調節紐がついていて、サイズ調整が可能。胸下切り替えと、プリーツの縦ラインで脚長効果もばっちり。 羽織は重たくならないカラーと丈感のものを選んで。親族としての出席でよりきちんと感を出したい時は、ベージュのショートジャケットがおすすめです。

②グリーンのフィッシュテールスカート

親族マナー
親族マナー
グリーンの
フィッシュテールスカート
グリーンの
フィッシュテールスカート

親族席でも浮かないシンプルなカラードレスをお探しの方にぴったりのグリーンドレス。控えめながらも個性光るカラーで定番色に差をつけて。前後差のあるフィッシュテールスカートがシルエットを綺麗にみせてくれ、纏うだけで優雅な雰囲気に。ウエストはゴム仕様で着心地もばっちり。披露宴から二次会までの長丁場でも安心です。 寒色系でまとめると、都会的で洗練されたコーディネートに。

③パープルのサイド編み上げレース×プリーツドレス

親族マナー
親族マナー
パープルの
サイド編み上げレース×プリーツドレス
パープルの
サイド編み上げレース×プリーツドレス

パープルのロング丈ドレスはエレガントな雰囲気が魅力的。レースとプリーツの異素材切り替えスカートなど、着るだけで一気に旬顔に。トレンドを抑えつつ、30代にふさわしい上品なドレスが着たい方に。サイドの調節紐で、体にフィットした着こなしが可能。 羽織は全身のバランスを意識して、重くならないコンパクトなものを選んで。足もとはポインテッドトゥパンプスで、縦のラインをより強調しスタイルアップを狙って。

④ブルーグレーの刺繍チュールタイトドレス

親族マナー
親族マナー
ブルーグレーの
刺繍チュールタイトドレス
ブルーグレーの
刺繍チュールタイトドレス

高級感のある華やかなドレスが着たい方におすすめのブルーグレードレス。涼しげで、春夏のパーティーシーンにもぴったり。チュールに入った花の刺繍が豪華でフェミニン。すっきりしたシルエットが大人の女性を引き立ててくれます。 シンプルなジャケットを合わせると、大人っぽくフォーマルな印象に。ネイビーやシルバー小物を合わせると、都会的で洗練されたコーディネートに仕上がります。

⑤ネイビーの総レースドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
総レースドレス
ネイビーの
総レースドレス

大人しくなりがちなネイビーのミモレ丈ドレスも、総レースならこんなに華やか。動きのあるフィッシュテールスカートや、デコルテの透け感が今っぽい。きちんとした印象を残しつつも、おしゃれに決まる頼もしい一着です。ウエストは締め付け感の少ないゴム仕様。やや薄手素材で春夏向きです。シルバーのストールや小物類を合わせ、涼しげで洗練されたコーディネートに。

⑥ネイビーの刺繍チュールタイトドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
刺繍チュールタイトドレス
ネイビーの
刺繍チュールタイトドレス

全身にあしらわれた花の刺繍が高級感漂うネイビードレス。クール系の大人顔さんによく映える一着です。きちんと見えする控えめなカラーとすっきりシルエットで、親族席や格式の高い会場でも堂々と着こなせます。 コンパクトなジャケットと、直線的なデザインのバッグやシューズを合わせたコーディネートがおすすめ。

40代におすすめの親族向けドレス

親族としての参列の機会もより増えてくる40代。以前とは似合うもの変わってきたり、新しいドレスに挑戦したくなる年代でもあります。
今回はそんな女性のために、大人の魅力を引き立てる素敵な親族向けドレスをご紹介します。

①黒のレース袖Iラインドレス

親族マナー
親族マナー
黒の
レース袖Iラインドレス
黒の
レース袖Iラインドレス

気になる部分をカバーしてくれる、袖有り×ロング丈のブラックドレス。さらりと一枚でおしゃれに決まる旬のデザインです。普段はパンツ派の大人の女性でも、気負わず着られる一着。デコルテのレース部分には裏地付きで、露出が気になる方にも安心。 シルバーバッグやポインテッドトゥパンプスを合わせ、よりクールに着こなして。

②ネイビーのフィッシュテールスカート

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
フィッシュテールスカート
ネイビーの
フィッシュテールスカート

親族様にも安心のシンプルなネイビードレス。流れるようなフィッシュテールスカートが優雅で、脚のラインを綺麗にみせてくれます。控えめながらも、綺麗なシルエットのドレスをお探しの方にぴったり。着心地も良く、長時間着ていても疲れにくいのも嬉しいポイント。 よりスタイルアップを目指すなら、ウエストベルトを合わせたコーディネートがおすすめ。ショートボレロで全身をバランス良くまとめて。

③黒のVネックフィッシュテールドレス

親族マナー
親族マナー
黒の
Vネックフィッシュテールドレス
黒の
Vネックフィッシュテールドレス

一見シンプルなブラックドレスですが、レース、プリーツ、フィッシュテールスカートなど、細部にトレンドが盛り込まれたこだわりのデザイン。素材は重たく見えないシフォン生地。立ち姿のシルエットも美しく、大人の余裕を感じさせます。普段は流行ものに手を出すのをためらいがちな大人の女性にも、ぜひトライして欲しい一着です。 羽織はラメ入りストールなどを合わせ、軽やかに着こなして。

④ダークグリーンの袖付きロングプリーツドレス

親族マナー
親族マナー
ダークグリーンの
袖付きロングプリーツドレス
ダークグリーンの
袖付きロングプリーツドレス

定番色以外の落ち着いたカラードレスが着たい、という方におすすめダークグリーンのドレス。秋冬のお呼ばれにもよく映えるこっくりカラーがおしゃれな雰囲気。ハイネックとロング丈でスタイルアップが叶い、露出が苦手な方でも安心して着こなせます。 バッグや靴は柔らかなベージュカラーがおすすめ。顔周りには、パールアクセで華やかさをプラスして。

⑤黒のチュールパニエ付きドレス

親族マナー
親族マナー
黒の
チュールパニエ付きドレス
黒の
チュールパニエ付きドレス

裾のチュールは着脱可能なパニエになっており、2パターンのコーディネートが楽しめる黒のドレス。体のラインが綺麗に見えるシンプルなシルエットは、大人の女性にさらりと着こなして欲しい一着。背面のVネックがさりげなく女性らしさを引き立てます。 ジャケットやボレロはバランスが悪く見えてしまう可能性があるので、羽織は軽やかなストールがおすすめ。

⑥ネイビーのアシンメトリープリーツタイトドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
アシンメトリープリーツタイトドレス
ネイビーの
アシンメトリープリーツタイトドレス

流行のアシンメトリープリーツがこなれ感たっぷりのネイビードレス。落ち着いた配色とひざ下丈のシンプルなシルエットは年代問わず着こなしやすく、親族様にも最適です。堅苦しくすぎないワンピースタイプなので、ややカジュアルな式にもおすすめ。 小物類は黒とベージュでまとまりのあるコーディネートに。ドレスがシンプルな分、小物次第でさまざまな雰囲気が楽しめます。

50代におすすめの親族向けドレス

結婚式の参列時の服装も気を抜けない、責任ある立場の50代以降。久しぶりのお呼ばれだったり、何を着て良いのか戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか?
今回は幅広い年代の女性に着こなしやすい優秀な親族向けドレスをご紹介します。

①黒の袖付き2WAYスカートセットドレス

親族マナー
親族マナー
黒の
袖付き2WAYスカートセットドレス
黒の
袖付き2WAYスカートセットドレス

さまざまなシーンで大活躍の黒のセットアップドレス。トップスは腕を細く見せてくれる七分丈。スカートはリバーシブル仕様で、華やかな総レース面と、裾からレースがのぞくシンプルタイプの2通りの着こなしが可能。幅広い年代の方におすすめです。 ドレスがシンプルな分、お祝いの場では華やかなアクセサリーやバッグでさりげなく明るさをプラスして。

②黒の袖付きロングプリーツドレス

親族マナー
親族マナー
黒の
袖付きロングプリーツドレス
黒の
袖付きロングプリーツドレス

首元や袖口のスカラップデザインが、さり気なく可愛さを引き立てる黒のドレス。トレンドのプリーツスカートは嬉しい脚長効果も。長身の方に優雅に着こなして欲しい一着です。 ハイネック×ロング丈の落ち着いたデザインは、親族様にも安心。 すっきりまとめたアップヘアと、明るいパールアクセで顔周りの軽さを出して。小物類にはシャープなシルバーがよく映えます。

③黒とグレーのシースルーレースドレス

親族マナー
親族マナー
黒とグレーの
シースルーレースドレス
黒とグレーの
シースルーレースドレス

インナーのグレイッシュブルーが透けて見える、フェミニンな黒のドレス。繊細なレースと長めの丈感が上品。透け感のある軽やかな黒のドレスなら、春夏のパーティーシーンにも。 ドレスの甘さを抑えたい時は、アップヘアとショートボレロを合わせたクラシカルな雰囲気のコーディネートがおすすめです。

④ネイビーバイカラーシンプルロングドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビー
バイカラーシンプルロングドレス
ネイビー
バイカラーシンプルロングドレス

サイドにあしらわれたベージュのラインがポイントのネイビードレス。締め付け感のないゆったりした着心地なので、着る人を選ばず長時間でも疲れません。緊張しがちな親族席でも、リラックスして楽しめる一着です。 ドレスがシンプルな分、合わせる小物次第でさまざまな印象が楽しめます。華やかなバッグや大振りアクセなど、どこかに一点ポイントになる小物を投入すると、おしゃれ感がぐっとアップ。

⑤ネイビーのフレアスリーブタイトスカートドレス

親族マナー
親族マナー
ネイビーの
フレアスリーブタイトスカートドレス
ネイビーの
フレアスリーブタイトスカートドレス

久しぶりのお呼ばれやドレスを着なれない方でも、気負わず着こなせるシンプルなネイビードレス。胸もとレースの程よい透け感がフェミニン。軽やかなフレアスリーブは、気になる二の腕をさりげなくカバーしてくれます。 より女性らしく柔らかい雰囲気で着たい時はベージュ小物、きちんと感を重視したいシーンでは、黒を合わせて。

⑥黒のフレアスリーブドレス

親族マナー
親族マナー
黒の
フレアスリーブドレス
黒の
フレアスリーブドレス

体のラインが綺麗に見えるアイラインシルエットの黒ドレス。程よい透け感のレースや長めのフレアスリーブが優雅で上品。大人の女性に似合う可愛らしいドレスが着たい方におすすめです。 すっきりまとめたアップヘアや、少し大振りのアクセサリーなどで顔周りに明るさをプラスして。

まとめ

新郎・新婦の親族として結婚式に参列する場合は、おもてなしをする側にあることを意識しましょう。

当日の服装は華やかさよりも上品さやフォーマル感にポイントを置くことが大切です。

身内の結婚式に足を運んでくれたゲストに感謝の気持ちで迎えるようにしましょう。

ヘアスタイルやバッグ靴もフォーマル感を大切にした装いで全身をコーディネートすると良いですね。

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。