お気に入り カート

【40代女性】結婚式お呼ばれドレスの選び方!体型カバーと品良く見える5つのポイント

40代の品よく着こなすドレススタイル40代の品よく着こなすドレススタイル

20代から30代までは、結婚式お呼ばれドレスは好きなデザインを自由に選んでいたかもしれません。

しかし、40代になると「とにかく体型が気になる…」という方は多いのでは?

年齢と共に体型が変わってきて、フォーマルなドレスを着こなせない…と悩む方は多いでしょう。

せっかくの結婚式・披露宴にお呼ばれしたら、エレガントで上品な印象を与えたいですよね。

そこで今回は、結婚式にお呼ばれした40代女性に向けて、ドレス選びの5つのポイントをご紹介します。

体型カバーしながら品良く見えるドレスの選び方をぜひマスターしてくださいね。

40代女性が結婚式お呼ばれドレスを選ぶ5つのポイント

40代のお呼ばれドレスは、体型カバーだけを重視すると、地味になり過ぎてしまう可能性があります。

黒やネイビーといた落ち着いた色味を選んでしまうとシンプルになってしまうのがネックです。

せっかくの晴れの席ですから、華やかさや女性らしさをアピールできるドレスを選びましょう。

ここからは、目的別にドレスの選び方をご紹介していきます。

豊富な種類のドレスレンタルショップ「リリアージュ」から、おすすめドレスをピックアップ!

ぜひ、ドレス選びの参考にしてみください。

①体型カバーできるドレスは?

▽ここがポイント

適度な肌見せをして軽やかに見せる
全身をすっきり見せるIラインドレスを選ぶ
フレアスカートは避ける

40代女性は、お腹まわりや太もも、足腕など体型カバーしたいところが多くなり、全身をカバーするドレスを選ぶ方も多いです。

しかし、全体がカバーされたデザインを選ぶと、露出がないので暗い印象になってしまいます。

体型カバーを重視すると、年齢以上に見られてしまう可能性があるので要注意!

注意したい点はすべてをカバーしてしまうと、重たく暗い印象になり、華やかさに欠けてしまいます。

そのため、40代女性のドレス選びは、胸元や二の腕、または脚など、部分的に適度な肌見せをすることが大切!

例えば胸元は、すっきりした Vネックにロングパールネックレスなどを組み合わせると、Iラインを強調して全身をすっきり見せることができます。

二の腕をすっきりしたい時は、ノースリーブに袖付きのボレロやシルク素材のストールを軽やかに羽織ると効果的です。

20代・30代はふんわりと可愛らしいフレアスカートが人気ですが40代からは断然Iラインがおすすめ。

フレアスカートは、ウエストから広がるため全体がもったり見えてしまいます。

ストンと縦長のIラインの方が、全身をすっきり見せることができるのです。

縦長のIラインのドレスはロングスカートが多いので、首周りを適度に肌見せするとスッキリします。

Iラインのドレスは40代だからこそできる大人らしい優雅な着こなしを演出できますよ。

■スモーキーブルーのレース袖Iラインドレス

スモーキーブルーのレース袖Iラインドレス
スモーキーブルーのレース袖Iラインドレス
スモーキーブルーの
レース袖Iラインドレス
スモーキーブルーの
レース袖Iラインドレス

スモーキーブルーのドレスはフレアスリーブのレース袖とIラインスカートがポイント。 ハイウエスト切り替えによりスタイルアップ効果が期待できます。 デコルテ部分に透け感が強すぎない裏地がついていて程よい肌見せで1枚でもスッキリまとまります。

■黒のレース袖Iラインドレス

黒のレース袖Iラインドレス
黒のレース袖Iラインドレス
黒の
レース袖Iラインドレス
黒の
レース袖Iラインドレス

体型カバーにはブラックのアイラインドレスをチョイス。胸元と袖がレース素材になっています。 フォーマルなシーンでも大人っぽくすっきり見せることができます。

②親族の結婚式の場合は?

▽ここがポイント

なるべく肌の露出を控える
スーツやアンサンブルもおすすめ
ボレロ、ジャケット、ショールなどの羽織物を合わせる
スカートは座っても膝が隠れる長さを選ぶ

20代・30代の頃は友人の結婚式が多かった方も40代になると親族として出席する機会が多くなります。

親族として出席される場合は、ゲスト側ではなくおもてなしをする側になります。

友人の結婚式に参列するよりもフォーマル感、品格の高さを意識することが大事なポイント。

■母親の立場で結婚式に参列するときの服装

母親の正装(フォーマルな服装)は、和装の場合は黒留袖、ドレスの場合はアフタヌーンドレス・イブニングドレスとなります。

新郎側の母親が洋装で参列しているのに、新婦側の母親は和装の場合、雰囲気がちぐはぐになってしまいます。

結婚式では多くの写真撮影がありますので、両家の服装はミスマッチにならないように、服装を揃えることも大切です。

結婚式の会場の雰囲気も考慮して、事前に両家で洋装・和装を話し合っておきましょう。

■甥っ子姪っ子の結婚式に参列するときの服装

姪っ子さんや甥っ子さんの結婚式の場合は、移動のしやすさを考えてフォーマルドレスの優雅な着こなしも素敵です。

親族として結婚式に出席する場合は、なるべく肌の露出を控えることが大切です。

胸元の開きが大きく開いたデザインのドレス、スリットが大きく入ったドレスは避けましょう。

ジャケットやショールを合わせて、肩や二の腕をきちんと隠すと、よりフォーマル感がアップします。

厚みのある素材の場合は全身が重く見えてしまうので、素材自体に透け感があるシフォンやレースを選ぶと良いでしょう。

注意点としては、身長が150センチ前後の小柄な方は、長袖のロングドレスを選ぶと、全身のバランスが重くなってしまいがち。

七分袖のドレスを選んだり、ノースリーブに半袖のボレロを組み合わせると、全身をすっきり見せることができます。

スカートの長さは膝下を選び、座っても膝が見えないことを確認しましょう。

同じドレスでもそれぞれの身長によって、スカートの丈の長さが変わってきます。

親族として結婚式に出席する場合、パンツスタイルはカジュアルな印象になるため、友人の結婚式に限定しておきましょう。

■ネイビーのフレアスリーブタイトスカートドレス

ネイビーのフレアスリーブタイトスカートドレス
ネイビーのフレアスリーブタイトスカートドレス
ネイビーの
フレアスリーブタイトスカートドレス
ネイビーの
フレアスリーブタイトスカートドレス

胸元レース・フレアスリーブが女性らしいネイビーのドレス。ワンピースのようなデザインなので、ドレスを着慣れない方でも着やすい。 ご親族様やちょっとしたお食事の際にも着られる。

■黒のレース袖ロングドレス

黒のレース袖ロングドレス
黒のレース袖ロングドレス
黒の
レース袖ロングドレス
黒の
レース袖ロングドレス

長めの着丈や袖がポイントの黒のドレス。露出が少ないので、肌を見せたくない方におすすめ。生地がたっぷりと使われたデザインでも、シフォン素材なので重たくなく、長時間着ていても楽。

■黒の袖付き2WAYスカートセットドレス

黒の袖付き2WAYスカートセットドレス
黒の袖付き2WAYスカートセットドレス
黒の
袖付き2WAYスカートセットドレス
黒の
袖付き2WAYスカートセットドレス

七分袖のトップスと、リバーシブルスカートのセットアップドレス。袖部分の透け感や、ウエストのタックは体のラインを綺麗に見せてくれる。 ご親族様やお食事会に向いていて、パーティーには地味に見えがち。

■グリーンのフィッシュテールスカート

グリーンのフィッシュテールスカート
グリーンのフィッシュテールスカート
グリーンの
フィッシュテールスカート
グリーンの
フィッシュテールスカート

派手な装飾のない、シンプルなグリーンのドレス。前後丈の長さの異なるフィッシュテールスカートがポイントで、ひざ下の足のラインを綺麗に見せてくれる。


③友人の結婚式の場合は?

▽ここがポイント

流行やカジュアルな雰囲気を取り入れてもOK
フォーマルになりすぎなくても問題なし
適度な肌見せで大人っぽく
流行りのパンツスタイルもおすすめ

40代の結婚式で友人として出席する場合、基本的に自分の好きなドレスを選んで問題ありません。

気になる体型カバーができ、自分のお好みのシルエットやカラーのドレスを選んで華やかに演出しましょう。

友人の結婚式に出席する場合は、流行のスタイルやカジュアル感があっても大丈夫です。

適度な肌見せができるシースルーやレースといったデザインを取り入れると上品にまとまります。

シンプルなシルエットのブラックドレスの場合はアクセサリーや小物使いを工夫して、華やかさをプラスしましょう。

■スモーキーグリーンのクロスベルト付きバックプリーツドレス

スモーキーグリーンのクロスベルト付きバックプリーツドレス
スモーキーグリーンのクロスベルト付きバックプリーツドレス
スモーキーグリーンの
クロスベルト付きバックプリーツドレス
スモーキーグリーンの
クロスベルト付きバックプリーツドレス

微光沢のあるつるっとした生地のスモーキーグリーンのドレス。前後Vネック、クロスリボンは上半身をスッキリと見せてくれる。

■ワインレッドのチュール袖タイトドレス

ワインレッドのチュール袖タイトドレス
ワインレッドのチュール袖タイトドレス
ワインレッドの
チュール袖タイトドレス
ワインレッドの
チュール袖タイトドレス

■パープルのサイド編み上げレース×プリーツドレス

レースの上にチュールが重なるボリュームスリーブ×ハイネックが可愛らしいワインレッドのドレス。トップス部分の甘さとは反対にタイトなスカートが大人っぽく、ギャップのあるデザイン。

パープルのサイド編み上げレース×プリーツドレス
パープルのサイド編み上げレース×プリーツドレス
パープルの
サイド編み上げレース×プリーツドレス
パープルの
サイド編み上げレース×プリーツドレス

レース×プリーツの長めスカートが動くとなびき、軽やかで可愛らしいデザイン。両サイドには調節紐がついているので体のサイズの合わせてピッタリと着られる。

■ネイビーのアシンメトリープリーツタイトドレス

ネイビーのアシンメトリープリーツタイトドレス
ネイビーのアシンメトリープリーツタイトドレス
ネイビーの
アシンメトリープリーツタイトドレス
ネイビーの
アシンメトリープリーツタイトドレス

アシンメトリーのプリーツがポイントのネイビーのドレス。シンプルながらも可愛らしいデザインが好きな方に。高い位置での切替とプリーツが縦のラインを綺麗に見せてくれる。

④会社関係の結婚式の場合は?

▽ここがポイント

華やかさよりもきちんと感を出す
友人の結婚式用でも品格を意識する
大人の女性らしいコーディネート
幅広い年代に好印象を与えるスタイル

40代になると、上司として結婚式に出席するシーンも増えていきます。

会社の上司として結婚式に出席する場合は、ご友人とは異なり、きちんと感を出すことがポイント。

40代の大人の女性らしく、フォーマルな品格を出すことを心がけてください。

会社の部下に信頼される服装、そして幅広い年齢層の参列者に印象を与えるコーディネートをします。

上司として出席するドレス選びは、お祝いの席に相応しい華やかさや上品さも適度に取り入れるようにしてください。

フォーマル感にこだわりすぎると、ビジネスシーンのようなシンプルな装いになってしまうので要注意。

アクセサリーはパールネックレスや適度な透け感のある素材を取り入れて、大人の余裕を感じられるコーディネートを目指しましょう。

落ち着いたアイラインのロングドレス、ロングパールネックレス、透け感のあるショールといった落ち着いたコーディネートがおすすめです。

■ネイビーのバックプリーツトップス付きパンツドレス

ネイビーのバックプリーツトップス付きパンツドレス
ネイビーのバックプリーツトップス付きパンツドレス
ネイビーの
バックプリーツトップス付きパンツドレス
ネイビーの
バックプリーツトップス付きパンツドレス

バックプリーツトップスと、テーパードパンツがセットのネイビーのパンツドレス。Vネックや、テーパードパンツですっきりとした着こなしが出来る。

■ダークグリーンの袖付きロングプリーツドレス

ダークグリーンの袖付きロングプリーツドレス
ダークグリーンの袖付きロングプリーツドレス
ダークグリーンの
袖付きロングプリーツドレス
ダークグリーンの
袖付きロングプリーツドレス

首元と袖口のスカラップデザインのリブとプリーツスカートが可愛いダークグリーンのドレス。ウエストのシャーリングと長めのプリーツスカートはスタイルアップ効果抜群。

■ネイビーのサイド編み上げレース×プリーツドレス

ネイビーのサイド編み上げレース×プリーツドレス
ネイビーのサイド編み上げレース×プリーツドレス
ネイビーの
サイド編み上げレース×プリーツドレス
ネイビーの
サイド編み上げレース×プリーツドレス

レース×プリーツの長めスカートが動くとなびき、軽やかで可愛らしいデザイン。両サイドには調節紐がついているので体のサイズの合わせてピッタリと着られる。

■黒のチュールパニエ付きドレス

黒のチュールパニエ付きドレス
黒のチュールパニエ付きドレス
黒の
チュールパニエ付きドレス
黒の
チュールパニエ付きドレス

裾がチュールのパニエ付きの黒のドレス。シンプルながら、高めの位置での切替など体のラインが綺麗に見えるデザイン。深めの背面Vネックが大人っぽく、女性らしい。

⑤大きいサイズのドレスは?

出産後に体型が変わってしまった、20代・30代の頃よりも、体重が大幅に増えてしまったという40代の方も多いかと思います。

体型をカバーするには、やはりブラックやネイビーといった濃いめの引き締めカラーが効果的です。

お祝いの席に全身ブラックやネイビーといたダークカラーコーディネートをすると、暗い印象になってしまうので要注意。

全身が暗い色の割合が多いと、写真撮影では喪服に見えることがあるので避けるようにしてください。

ブラックやネイビーダーク系のカラーを選ぶ場合は大ぶりのパールネックレスや光沢のあるショールなどアクセサリーを工夫しましょう。

パーティーバッグもドレスがシンプルな場合は、装飾が多めのデザインを選ぶと祝賀ムードにマッチします。

大きいサイズのドレス選ぶ際はシルバーやベージュといった上品なカラーもおすすめです。

シルバーや薄いベージュは全身が白っぽく見えますが真っ白ではないので服装マナーに引っかかりません。

■黒のレース袖ロングドレス

黒のレース袖ロングドレス
黒のレース袖ロングドレス
黒の
レース袖ロングドレス
黒の
レース袖ロングドレス

長めの着丈や袖がポイントのLサイズの黒ドレス。露出が少ないので、肌を見せたくない方におすすめ。

■グリーンのフレアスリーブタイトスカートドレス

グリーンのフレアスリーブタイトスカートドレス
グリーンのフレアスリーブタイトスカートドレス
グリーンの
フレアスリーブタイトスカートドレス
グリーンの
フレアスリーブタイトスカートドレス

胸元レース・フレアスリーブが女性らしいブルーグリーンのLサイズドレス。ワンピースのようなデザインなので、ドレスを着慣れない方でも着やすい。

■背中編み上げ黒ワンピース

背中編み上げ黒ワンピース
背中編み上げ黒ワンピース

背中編み上げ黒ワンピース

背中編み上げ黒ワンピース

アシンメトリーのスカートがおしゃれなLL〜3Lのブラックドレス。表地は柔らかい生地を使用し、裏地にはさらさらしている生地を使用しているので着心地抜群。

■ネイビーのウエストパール&ストーン飾り付ドレス

ネイビーのウエストパール&ストーン飾り付ドレス
ネイビーのウエストパール&ストーン飾り付ドレス
ネイビーの
ウエストパール&ストーン飾り付ドレス
ネイビーの
ウエストパール&ストーン飾り付ドレス

気品ある雰囲気が漂うウエストビーズが綺麗なLLサイズのドレス。上質なジョーゼット地が柔らかく、裏地のサテン地はつるつるしていて着心地が良い。

40代女性が結婚式お呼ばれドレスの足元マナー

▽ここがポイント

靴は3cm以上のヒールがあるパンプス
真夏でも必ずベージュのストッキングを着用する
黒のストッキングやタイツは喪を連想させてしまうのでNG

靴は、脚を上品にエレガントに見せてくれる3cm以上のパンプスを選びましょう。

素足やサンダルつま先が見えるミュールは、カジュアルファッションなので NGです。

真冬の結婚式ではタイツを着たくなりますが、黒いタイツやカラータイツ、網タイツは正装にはふさわしくありません。

どうしても寒い時には、ベージュのストッキングを二枚重ねて履くようにしてください。

40代女性が結婚式お呼ばれドレスのアクセサリー

結婚式の会場に持ち込むのは小ぶりのパーティーバッグのみ、大きなバッグはクロークに預けるのがマナーです。

40代の大人女性にふさわしいパーティーバッグはクラッチバッグや装飾が施したシルバーやベージュのバッグがおすすめです。

アクセサリーもフォーマルな場にふさわしく白いパールのロングネックレスやイヤリング・ピアス、小ぶりのジュエリー、クリスタルを選びます。

大振りなコサージュや生花は花嫁とかぶってしまう可能性があるので避けるようにしてください。


まとめ

40代女性のお呼ばれドレスは、シックで落ち着きのあるドレスを選ぶようにしましょう。

程よく体型カバーができて、適度な透け感があると上品にまとまります。

ネットのレンタルドレスを利用すると、リーズナブルで素敵なコーディネートが実現しますよ。

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。