お気に入り カート

結婚式二次会の服装マナーとパーティードレス10選をレンタルドレス店がご紹介!

二次会ドレス選ぶならコレ!二次会ドレス選ぶならコレ!

結婚式の二次会に招待されたけど、どんな服装をしていけば良いのかなぁ…と迷っていませんか?

最近の二次会の傾向は、カジュアルなレストランやパーティー会場で開催されることも多くなっています。

それに伴って、「平服」で出席するケースが増えていますが、どこまでフォーマル感を出せばよいのか加減が難しいところですよね。

そこで今回は、これから結婚式二次会に参加する女性に向けて、ふさわしい服装マナーとおすすめドレス10選をご紹介します。

最後まで読んで頂くと、マナーを守りながら結婚式二次会の服装のイメージが掴めて、オシャレな服装を選ぶことができるでしょう。

結婚式二次会の平服とは?

結婚式二次会の平服とは?

結婚式二次会の招待状には、「平服でお越しください」と記載されていることがあります。 「平服」とは、Tシャツ×デニムやコットンワンピースなど、カジュアルな普段着という意味で使われることもあります。

しかし、結婚式二次会の招待状に記載されている「平服」の意味は、フォーマルな場にふさわしい「略礼服」という意味です。  結婚式二次会はフォーマルな席ですから、カジュアル過ぎる服装で出席するのはNGです。

通常、フォーマルな場でのドレスコードは、正礼装(正礼服)、準礼装(準礼服)、略礼装(平服)の3パターンあります。 結婚式二次会の「平服」は、「フォーマルだけれども正礼装や準礼装のような服装ではなくても良いですよ」といった意味です。

女性の「平服」の場合は、ワンピースドレスまたはスーツ(スカートでもパンツでもOK)を選ぶと最適です。 昼間の場合は、光沢のない生地のドレス、スカートも膝丈以上の長め、胸元の開きが狭いデザインが適しています。

夜の場合は、華やかなイブニングドレスを選び、スカート丈は長めのロングドレス、胸元と背中は大きめに開いたデザインがおすすめです。 結婚式二次会はお祝いの席なので、上品なアクセサリーなどもプラスして、華やかで清潔感のある服装を心がけましょう。

【会場別】結婚式二次会の服装マナー

結婚式二次会では、その場にふさわしく、きちんとした服装をすることは新郎新婦に対する心配りでもありマナーです。 カジュアル過ぎる服装や新婦よりも目立つ派手なドレスやアクセサリーを身に着けると、その場の雰囲気を台無しにしてしまうことも…。

近年の結婚式二次会の会場は、ホテル、レストラン、居酒屋、パーティースペースなどで行われることが多くなっています。 二次会の招待状には当日の会場が記載されていますので、どんな雰囲気の会場なのか事前に調べておくことが大切です。

ただし、女性の場合はドレスや小物、アクセサリーなど組み合わせのバリエーションが多いので、何を選ぶかで迷ってしまう人も多いかもしれません。 結婚式二次会の会場は多様化しているので、場所に合わせた服装マナーをおさえておきましょう。

ここからは、結婚式二次会の会場の雰囲気に合わせた服装マナーをご紹介していきます。

結婚式場・ホテル・高級レストランでは?

結婚式二次会の会場が結婚式場、ホテル、高級レストランで開催される場合は、セミフォーマルなワンピースが基本です。 格式の高い会場では、無地のワンピースを選び、光沢のあるデザイン、レースや刺しゅうが入ったドレスを選ぶと高級感を演出できるのでおすすめです。

スカートは膝下丈を選び、ノースリーブの場合は、ショールやジャケットを羽織り、肌の露出を抑えましょう。 ドレスのおすすめカラーはピンクやブルーの淡い色、シルバーやシャンパンゴールドなど、光沢のあるカラーも華があり素敵です。

格式のある会場では、上品さを心がけて、華やかなフォーマルスタイルをコーディネートしましょう。

カジュアルレストラン・オシャレなダイニングでは?

二次会の招待状に「平服でお越しください」と記載がある場合は、カジュアルレストラン、オシャレなダイニングが会場になっているケースが多いです。  普段は、Tシャツ×デニムで出かけるようなカジュアルレストランでも、あくまでもお祝いの席であるこもを忘れずにドレスアップしましょう。

女性の最適な服装は、ワンピースやセットアップ、オールインワンなどインフォーマルにまとめます。 無地のデザインよりも、バイカラーや多色柄、花柄などのプリント柄を選ぶと華やかな印象になりますよ。

スカート丈の長さは決まりはありませんが、露出が高いものは避けて、ノースリーブの場合は、羽織物をお忘れなく。

居酒屋・カラオケ・パーティースペースでは?

最近は、結婚式二次会を馴染みのある居酒屋やカラオケ、パーティースペースを貸し切って行うケースも増えてきています。 仲の良い友人同士だけで盛り上がることができ、最もカジュアルな雰囲気となるのが特徴です。

居酒屋・カラオケ・パーティースペースでの二次会は、スマートカジュアルなスタイルでまとめます。 女性の場合は、きれいめのワンピース、ブラウスとスカートなど、いつもよりドレスアップした服装であれば問題ありません。

ただし、平服と言ってもお祝いの席の二次会であることを忘れずに、カジュアル過ぎる服装はNGです。 デニムやコットンワンピースなど、普段着と変わらない服装では、写真撮影をしてもお祝いの気持ちが伝わらず、新郎新婦に対してマナーがありません。

カジュアルな会場での二次会であっても、ラフに着こなしになり過ぎないよう、適度なフォーマル感をプラスしてください。

これはNG!結婚式二次会の服装マナーにおける注意点

ここからは、結婚式二次会で避けるべき服装について解説していきます。 どんな会場であってもその場にふさわしくない服装になるので、十分に気をつけて失敗を防ぎましょう。

真っ白のドレス
真っ白のドレスは、二次会で新婦の衣装と被る可能性が高いので避けるようにしてください。 白に近い薄いベージュ、白いボレロやカーディガンなどの羽織り物にも注意してください。
全身黒の服装
全身黒のワンピースやスーツは不祝儀の礼服を連想させるため、新郎新婦の門出にはふさわしくありません。 黒いワンピースには、靴やバッグ、ストールに明るいパステルカラーやシャンパンカラーを取り入れると良いでしょう。
黒いストッキング
黒いストッキングもお通夜やお葬式を連想させるため、お祝いの席には合わずNGです。 素足、網タイツ、派手すぎる柄入りのストッキングも上品さに欠けるのでふさわしくありません。
結婚式二次会では、肌なじみが良いベージュ系を選ぶのが基本です。
露出度の高いドレス
露出度の高いドレス、身体のラインがはっきりと出るドレス、マイクロミニドレスはNGです。
胸元や肩が見えると上品な印象になりませんので、 ショールやカーディガンなどの羽織物を添えましょう。
アニマル柄や毛皮の洋服・小物
アニマル柄や毛皮の洋服・小物は、「殺生」を連想させてしまうため、どんな会場でもNGマナーです。 本物でもフェイクファー・レザーでも、食事中に毛が舞い散りやすいので、結婚式の二次会では不向きです。
過度に光るアクセサリー
過度に光るアクセサリー、花嫁より目立ってしまう派手なデザイン、ブランドロゴが目立つアクセサリーは不適切ですので避けましょう。
ビニールや綿素材のバッグ
ビニールや綿素材のバッグ、高級ブランドの紙袋 はカジュアルな印象を与えるので、二次会にはふさわしくありません。
殺生を連想させるアニマル柄や毛皮、ヘビ・ワニ革を使ったものはやめましょう。
カジュアルな靴
つま先の開いた靴(オープントゥー)、サンダル、 ブーツ、ミュール、スニーカーはカジュアルになるため避けてください。
素足を見せるのはは清潔感に欠けるので、フォーマルな場ではマナー違反とされています。 二次会の女性の足元は、3~5㎝程度のヒールのあるパンプスがベストです
生花やティアラ
ヘアスタイルはハーフアップ、オールアップスタイルまとめて華やかさを出しましょう。 ただし、新婦よりも目立つヘアアクセサリー、ティアラ、生花のコサージュは避けるようにしてください。

【厳選10選】女性お呼ばれゲストの二次会におすすめのドレス

二次会に着用するドレスは、「露出をおさえて花嫁よりも目立たないこと」を念頭に置けば、自由に選ぶことができますよ。 会場に合ったドレス選びをするならば、オンラインのドレスレンタルショップを活用すると便利です。

業界最安級のドレスレンタル「リリアージュ」は二次会に最適なドレス、羽織もの、小物類が充実しています。 ここからは、スタイリストが厳選したおすすめドレス10選を見ていきましょう。

■シルバーのラップスカート風ドレス

シルバーのラップスカート風ドレス
シルバーのラップスカート風ドレス
シルバーの
ラップスカート風ドレス
シルバーの
ラップスカート風ドレス

艷やかなシルバーが落ち着いた華やかさを見せるドレスはどんな会場にも合う万能デザイン。 巻きスカートのようなフィッシュテールスカートはシルエットも綺麗に見えるのが嬉しいポイント。

羽織はネイビー、靴はポインテッドトゥパンプスを合わせると全体がスッキリまとまります。

■ミントグリーンのオーガンジーフレアドレス

ミントグリーンのオーガンジーフレアドレス
ミントグリーンのオーガンジーフレアドレス
ミントグリーンの
オーガンジーフレアドレス
ミントグリーンの
オーガンジーフレアドレス

大人っぽく華やかなミントグリーンのドレスはエアリーなオーガンジー素材が華やかさを演出してくれます。 ウエスト部分はフラワーレース素材が使われ、Aラインスカートが下半身を華奢に見せてくれます。

靴とバッグは黒を合わせて引き締めてると、ミントグリーンが華やかさに引き立ちます。

■ピンクの袖付き総チュールドレス

ピンクの袖付き総チュールドレス
ピンクの袖付き総チュールドレス
ピンクの
袖付き総チュールドレス
ピンクの
袖付き総チュールドレス

ふんわりとしたピンクの総チュールドレスは可愛らしくコーディネートしたい方におすすめ。 背中には調節紐があり、ウエストはゴムなので体にピッタリとフィットし、スタイル良く見えます。

バッグと靴はベージュでまとめるとエアリーな雰囲気が引き立ちます。

■黒×ミントグリーンのフラワードットチュールドレス

黒×ミントグリーンのフラワードットチュールドレス
黒×ミントグリーンのフラワードットチュールドレス
黒×ミントグリーンの
フラワードットチュールドレス
黒×ミントグリーンの
フラワードットチュールドレス

黒のチュールからミントグリーンのサテン生地が透けて見えるファッション性の高いデザインが魅力。 バッグ、靴などの小物類は黒で揃え、アクセサリーはパールを合わせると華やかにまとまります。

■スモーキーブルーの袖付き総チュールドレス

スモーキーブルーの袖付き総チュールドレス
スモーキーブルーの袖付き総チュールドレス
スモーキーブルーの
袖付き総チュールドレス
スモーキーブルーの
袖付き総チュールドレス

総チュールのスモーキーブルーのドレスはショールなしでも1枚で決まるのが嬉しいポイント。 背中には調節紐があり、ウエストゴムなので、着心地が軽く、二次会時も身体のラインが気になりません。

黒のバッグと靴を合わせると全体が引き締まり、スモーキーなブルーカラーが活きています。

■ワインレッドのチュール袖タイトドレス

ワインレッドのチュール袖タイトドレス
ワインレッドのチュール袖タイトドレス
ワインレッドの
チュール袖タイトドレス
ワインレッドの
チュール袖タイトドレス

レースの上にチュールとボリュームスリーブ、ハイネックが女性らしいワインレッドのドレス。 トップスはレースを多用した甘めデザイン、ボトムはスッキリした膝下丈のスカート。

靴とバッグは黒またはベージュでまとめると、イメージが変わるので、お好みで選びましょう。

■ワインレッドのサイドリボンドレス

ワインレッドのサイドリボンドレス
ワインレッドのサイドリボンドレス
ワインレッドの
サイドリボンドレス
ワインレッドの
サイドリボンドレス

サイドのリボンがアクセントになったワインレッドのドレス。 着丈は膝上で短めのドレスなので、小柄な方にも人気があります。

大人っぽく着たい時は黒の羽織と小物、可愛くまとめたい方はベージュの小物を合わせたコーデがおすすめ。

■イエローのミックスプリーツドレス

イエローのミックスプリーツドレス
イエローのミックスプリーツドレス
イエローの
ミックスプリーツドレス
イエローの
ミックスプリーツドレス

中央部分の細かいプリーツを施したマスタードイエローのドレスは秋冬の二次会に人気。 幅広のプリーツが後ろから包み、縦ラインを強調した直伝的なデザイン。

ネイビーのジャケット、靴ネイビーのポインテッドトゥパンプスを合わせれば大人っぽく。

■ライトカーキの刺繍入りオーガンジードレス

ライトカーキの刺繍入りオーガンジードレス
ライトカーキの刺繍入りオーガンジードレス
ライトカーキの
刺繍入りオーガンジードレス
ライトカーキの
刺繍入りオーガンジードレス

偏光カラーのオーガンジースカートがユニークなライトカーキのドレス。 胸元の刺繍と前後の着丈が異なるフィッシュテールスカートが女性らしさを演出します。

羽織はベージュ、バッグと靴はネイビーで引き締めと偏光カラーが引き立ちます。

■ピンクの刺繍チュールフレアドレス

ピンクの刺繍チュールフレアドレス
ピンクの刺繍チュールフレアドレス
ピンクの
刺繍チュールフレアドレス
ピンクの
刺繍チュールフレアドレス

チュール×レース×刺繍の可愛らしピンクのドレス。 背中に調節紐付き、Aラインのスカートは下半身の体型カバーにも最適です。

バッグと靴は直線的なデザインと引き締めカラーを選べば、スッキリまとまります。

まとめ

結婚式二次会のドレス選びは、品の良さをキープして肌の露出を抑えて、華やかさを添えることがポイント。 ぜひ、ドレス選びの参考にしてみてくださいね。

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。