【保存版】結婚式お呼ばれゲストのドレスコード指定って何?

ドレスコード指定に最適なドレスって?ドレスコード指定に最適なドレスって?

最近、結婚式のお呼ばれゲストにドレスコードを指定するスタイルが増えています。
ゲストの服装に統一感をもたせると、写真も華やかになり、式場が盛り上がること間違いなし!

しかし、結婚式でのドレスコード指定はどんな方法でお願いすれば良いのか悩みますよね。
あまり細かいドレスコードはお呼ばれゲストも困ってしまうので、簡単でシンプルなテーマを考えるのが正解です。

今回は、結婚式のお呼ばれゲストにドレスコードを設定する方法を解説していきます。
最後に、ドレスコードに最適なおすすめドレスもご紹介致しますので、参考にしてみてくださいね。

ドレスコード

お呼ばれゲストにドレスコードを指定する方法の前に、基本的な結婚式のドレスコードについて見ていきましょう。

友人や職場の先輩など、結婚式や披露宴にお呼ばれされると、どんな服装を選べばよいか、毎回悩む方は多いのでは?
一般的に結婚式のお呼ばれゲストは「ドレスコード」と呼ばれる服装のマナーを守ることが大切です。

「ドレスコード」とは、その場にふさわしい服装のルールのことを言います。
結婚式にお呼ばれするゲストのドレスコードは、白以外のフォーマルな服装、礼装、略礼装が基本です。

海外発!ドレスコード指定とは?

最近は、新郎新婦が結婚式のお呼ばれゲストにドレスコードを指定するスタイルが流行し始めています。

理想的な結婚式を実現するために、ゲストにドレスコードを指定すると、式場に統一感を持たせることができます。
例えば、ブルーのカラー指定をすれば、式場が爽やかなブルーカラーで一杯になり、華やかな雰囲気になるのがポイント。

結婚式のお呼ばれゲストにドレスコードを指定するスタイルは海外では主流ですが、最近は、日本でも取り入る人が増えています。
ドレスコードを指定すると、新郎新婦のイメージする雰囲気を演出することができるので、写真も華やかな仕上がりに!

結婚式お呼ばれゲストにドレスコードを指定するアイデア

ドレスコード

お呼ばれゲストも楽しむことができるように、ドレスコードはシンプルで簡単なお願いをするのがコツです。
ゲストも一緒にドレスコードを気軽に楽しめるように、誰でも取り入れやすいテーマを選びましょう。

カラーコードを指定する

最も人気のある結婚式のドレスコードは、カラー指定です。

お呼ばれゲストは指定されたカラーを選ぶだけで良いので分かりやすく、簡単に取り入れやすいのが嬉しいポイント。
指定した色が入ったドレスやスーツなどを用意すれば良いので、ゲストに負担をかけることもありません。

新郎新婦としては、お呼ばれゲストの衣装に統一感をもたせることができるので、写真映えするのも嬉しいですね。
指定するカラーは、新婦の好きなカラー、新郎新婦のカラードレス、会場の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

人気の指定カラーは「ピンク」「ブルー」「イエロー」「パープル」など、明るい色が選ばれています。

小物を指定する

ドレスコードはドレス(衣装)という名前が付いていますが、アクセサリーなど小物を指定することも可能です。

例えば、指定テーマを「メガネ、サングラス」「パンツスタイル」「花柄アイテム」「1つだけピンクのアイテム」など。
簡単なテーマにすれば、ゲストもお金をかけずに持っているもので参加できるのでおすすめです。
日本の多くの芸能人も「メガネ、サングラス」をドレスコード指定して、統一感のあるおしゃれな写真をSNSにアップしています。
カジュアルなガーデンウェディングならば、「ノーネクタイ」をドレスコード指定するのも良いですね。

ゲスト全員が身に付ける共通の小物アイテムは、当日に新郎新婦側が準備しておくのも良いでしょう。
ドレスコードを忘れてしまったゲストも、アイテムを借りて写真撮影すれば、披露宴に統一感を出すことができます。

結婚式のお呼ばれゲストにドレスコード指定するのは迷惑?

ドレスコード

結婚式のお呼ばれゲストにドレスコード指定するスタイルは、日本では最近流行り始めた方法です。

主催者がゲストに衣装を指定するなんて、迷惑になるのでは?と思う方もいるかもしれません。
実際に、ドレスコードという言葉を聞いたことがないゲストは困ってしまう可能性もあります。

しかし、主催者が簡単でシンプルなテーマを選べば、ゲストを悩ませることはありません。
普段の生活の中で誰もが身につけるスタイルを提案すれば、みんなで盛り上がることができるのです。

例えば、カラー指定や小物を指定すれば、ゲストは迷うことなく家にあるアイテムで間に合います。
春先のウェディングならば「春らしい服」、夏ならば「リゾートファッション」など簡単な言葉で伝えればイメージしやすくなりますね。

ドレスコード指定をすると、ゲストは衣装選びが楽になるので「ありがたかった!」という意見も多いですよ。

これはNG!結婚式お呼ばれゲストのドレスコード例

普段着にはないような派手なネオンカラー、持っていない高級アイテムを指定するのはNG
ドレスコードのために、わざわざ物を購入しなければならず、ゲストに金銭的負担をかけるのでNGです。

ドレスコード指定の披露宴は、カジュアルで友人のゲストが多いケースに適しています。
荘厳なチャペル、キリスト教式、高級ホテルなどの式場には不向きです。

年配のゲストが多い場合、親交のないゲストがいる場合にはドレスコード指定はしない方が良いでしょう。 

また、和装のドレスコードはハードルが高いのであまりおすすめできません。
例えば、浴衣や訪問着などの着物をドレスコード指定すると持っていない方は、レンタル代がかかり、着付けやヘアセットにも出費となります。

結婚式のドレスコード指定は、ゲスト全員が簡単に準備できて取り入れやすいものを選びましょう。

結婚式のお呼ばれゲストにドレスコードを指定する方法

ドレスコード

ゲストにドレスコードを指定する際は、一番はじめに受け取る招待状で案内しましょう
招待状の中にドレスコード指定について記載すれば、ゲストも早めに準備することができます。

例えば、以下のような紹介文にします。

①『ゲストの皆様に楽しんでいただくために「イエロー」をドレスコードに指定させていただきたいと存じます。当日は服装または小物に「イエロー」を取り入れてお越しくださいませ。』

②『当日はゲストの皆様にもリラックスできる式にしたいと考えていますのでドレスコードとして「リゾート風」でお越しください』

と伝えます。

カラー指定の場合は、服装・小物のどちらでも構わないということを明記しておきましょう。

写真やイラストの見本コーディネートを添えておくと、ゲストのイメージが湧きやすいのでおすすめです。
ドレスコードは「ブルー」「デニム」と言われてもゲストとしては「自分だけ浮いてしまわないか…」と心配になる方もいるかもしれません。
新郎新婦はイメージする写真やイラストをSNSから選んで参考イメージとして招待状に載せておくと親切ですね。

あくまでもゲストも一緒にドレスコードを楽しんでもらうことを念頭に伝えましょう。

結婚式お呼ばれゲストにドレスコード指定するサンプル6選

日本で結婚式のお呼ばれゲストにドレスコード指定するならば、カラー指定するスタイルがおすすめ!
写真撮影する機会が多い披露宴では、ゲストの衣装カラーに統一感をもたせると、それだけで一気に華やかになるので試してみる価値あり。

指定カラーのドレスを持っていない方は、リーズナブルな料金で衣装レンタルできる「リリアージュ」がおすすめです。
ドレスコードにピッタリのドレスを業界最安級で気軽にレンタルできるのが便利なポイント。
指定カラーのドレスをレンタルすれば、結婚式当日のコーディネートも完璧ですね。

ここからは、最近人気のあるドレスコード指定に役立つドレスをまとめてご紹介します。

①幸せなピンクカラーのドレス

ピンクの袖付き総チュールドレス
ピンクの袖付き総チュールドレス
ピンクの
袖付き総チュールドレス
ピンクの
袖付き総チュールドレス

ふんわりしたシフォン素材が柔らかな雰囲気を醸し出すピンクカラーのドレス。総チュールになっているので歩くたびに裾が揺れてガーリーな可愛らしい印象を与えてくれます。ウエスト部分はゴム素材なので、体のラインにぴったりとフィットし、長時間着用していても窮屈さがないのが嬉しいポイント。背中には調節可能な紐が付いており、自分のサイズに合わせることが可能です。ショールやジャケットなしでも、シフォン素材の袖が付いているので、露出を抑えて華やかさも出すことができます。柔らかなピンクカラーなので靴やバッグの小物類もカラーを合わせやすいのもおすすめポイント。シルバーやベージュの小物類を合わせればワントーンに見えるので大人っぽくまとまります。

②明るいオレンジで式場を華やかに

イエローのリボンモチーフドレス
イエローのリボンモチーフドレス
イエローの
リボンモチーフドレス
イエローの
リボンモチーフドレス

結婚式場が一気に華やかになるイエローカラーはドレスコードの指定カラーに人気があります。イエローカラーのドレスを用意するなら、ウエストにリボンがアクセントになったこちらの華やかなドレスがおすすめ。生地に光沢がないため派手すぎず、落ち着いた印象を与えてくれます。シルバーやゴールドの刺繍が映えるストールを羽織れば、フォーマル感がアップして一気に華やかに。スカートは裾広がりのAライン、着丈は膝が隠れる長さなので、腰回りをカバーしたい方や下半身をスッキリ見せたい方におすすめです。胸元は開きすぎずにちょうどよい鎖骨ラインですからパールネックレスやボリュームのあるデザインのネックレスと合わせても相性が良いですね。足元はポインテッドトゥパンプスを合わせると、脚長効果があり、イエロードレスのシルエットをスッキリ見せてくれるのでおすすめです。

③結婚式サムシングブルー

ブルーグレー✕ベージュのチュールスカートドレス
ブルーグレー✕ベージュのチュールスカートドレス
ブルーグレー×ベージュの
チュールスカートドレス
ブルーグレー×ベージュの
チュールスカートドレス

海外セレブも大好きなブルーカラーは結婚式の指定カラーにピッタリ。ブルーカラーのドレスをお探しの方は、こちらの上品なブルーグレー×ベージュのドレスはいかがでしょうか。グレー寄りのブルーなので落ち着いた印象を与えてくれて、年齢に関わらず人気のあるデザインです。胸元にある繊細なはしごレースがアクセントになっており、バックスタイルにもレース編みが華やかな雰囲気。ヘアスタイルはアップにすると、総レースのエレガントなデザインが目立つのでおすすめ。靴やバッグなどの小物類はネイビーや黒を合わせると全体のシルエットをスッキリ引き締めて、スタイルを良く見せてくれます。胸元は短めのハイネックなので、特に華やかなネックレスがなくても一枚でコーディネートが決まりますね。背中には調整できる紐がついているので、緩めのシルエットにしたり、ピッタリシルエットにしたい方にもどちらも対応できます。チュールスカートの生地は薄くひっかかりやすいので、その点はご注意ください。

④シックでハイセンスなラベンダー

ラベンダードレス
ラベンダードレス
ラベンダー
ドレス
ラベンダー
ドレス

可憐で上品、そして柔らかな女性らしい印象のラベンダーカラーのドレスは人気急上昇カラー。やわらかな雰囲気のラベンダーカラーのミニドレスは高級感溢れるタフタ地を使用しています。お肌に当たる一番内側の部分の生地はつるつるとしたサテン地を使っているので、着心地も抜群!表地と裏地の間にはソフトチュールが挟まれており 歩くたびにふんわり揺れるのがポイント。ウエスト部分にリボンがアクセントになっており、シンプルなデザインのドレスなので、小物も合わせやすいのが嬉しいですね。ふんわりAラインスカートは下半身や体のラインをカバーしたい方におすすめです。

⑤ガーデンウェデングにイエロー

イエローのミックスプリーツドレス
イエローのミックスプリーツドレス
イエローの
ミックスプリーツドレス
イエローの
ミックスプリーツドレス

結婚式のドレスコードがイエローカラーの場合は、こちらのマスタードイエローのドレスを要チェック!細かいプリーツと幅広のプリーツに段差をつけて揺れ感を楽しめるユニークなデザインです。ウエスト部分はゴム素材なので長時間着用していてもキツくならずに着心地は抜群です。ジャケットはネイビーの引き締め色を合わせると全体のシルエットがスッと見えるのでおすすめ。裾のプリーツは歩くたびに揺れるので、膨張して見えないように、ネイビーのポインテッドトゥパンプスを合わせると引き締め効果があります。

⑥爽やかなグリーンのドレス

スモーキーグリーンのクロスベルト付きバックプリーツ
スモーキーグリーンのクロスベルト付きバックプリーツ
スモーキーグリーンの
クロスベルト付きバックプリーツ
スモーキーグリーンの
クロスベルト付きバックプリーツ

大人っぽく結婚式会場をまとめるならば、爽やかなグリーンのドレスが最適です。こちらは落ち着きのあるスモーキーグリーンなので年齢に関わらず、大人っぽい印象にしてくれるドレスです。ドレスの素材は微光沢のあるつるっとした質感なので上品でエレガントな雰囲気を醸し出してくれます。前後Vネック、クロスリボンは上半身をスッキリと見せてくれて、アクセサリーも合わせやすいのが嬉しいポイント。靴とバッグは黒を合わせたコーディネートをすると、全体を引き締めてくれてキレイにまとまります。

まとめ

今回は、結婚式のお呼ばれゲストにドレスコードを指定する方法とおすすめドレスをご紹介しました。
ぜひ、結婚式会場を盛り上げるためにもおしゃれなドレスコードを設定してみてはいかがでしょうか?

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。