高級ホテル・レストランでの服装マナーと選び方のコツをご紹介!

高級ホテル・高級レストランでの服装マナー高級ホテル・高級レストランでの服装マナー

近年は、結婚記念日や誕生日のデートでは、高級ホテルでディナーをするシーンが増えてきています。

クリスマスシーズンには、アーティスト達が高級ホテルでディナーショーを開催することもあります。

高級ホテルでは、格式高いサービスが提供されますので、服装マナーを守りつつ、オシャレも楽しみたいですね。

そこで今回は、憧れの高級ホテルや豪華なレストランでの服装マナーについて解説していきましょう。

大人の女性として押さえておきたい注意点を知っておくと、不安は解消されてお食事を楽しめます。

高級ホテル・レストランでの服装マナー

▽ここがポイント

レストランによってドレスコードが異なる
分からない時は事前に電話で確認する
カジュアルな服装はNG

ホテルやレストランでのディナーは、そのお店のドレスコードに従って服装を選ぶことが大切です。

ドレスコード(Dress code)とは、パーティー、高級レストランにおける服装の規則のことをいいます。

一般的にハイグレードと呼ばれる高級ホテル、五つ星ホテルの場合は、利用するレストランによってドレスコードが存在します。

お店によって、フォーマルからカジュアルまで様々なドレスコードが設けられているのです。

どのレストランでディナーをするかによってドレスコードが変わり、ドレス選びの基準も変わってきます。

フォーマル指定のドレスコードがあるレストランにカジュアルな服装で行くと、入店を断られてしまう場合があるので注意してください。

レストランのドレスコードが分からない場合は、事前にホームページや電話で確認して服装を準備しましょう。

なぜドレスコードは存在するの?

高級なホテルやレストランでは、必ずドレスコードが設けられていますが、それはなぜでしょうか?

ドレスコードは高級ホテル・レストランの雰囲気や空間を一定に保つために設定されています。

ゲストもお店の雰囲気を構成する存在ですから、前もって準備しておくことがマナーです。

例えば、周りのゲストが皆キレイにドレスアップをしている中で、自分だけがデニムとスニーカー姿だったらどうでしょうか?

レストランの雰囲気が変わり、お店のスタッフやドレスコードを守っているゲストに迷惑をかけてしまうことになります。

高級レストランの場合は、お店の雰囲気を大切にしているので、ドレスコードを設定しているのです。

海外の高級レストランでは、カジュアル過ぎると判断された場合、入店できたとしても端の席へ通されることもあります。

せっかく高級ホテル・レストランで食事をするのですから、気分よく過ごすためにも、お店のドレスコードはしっかり守るようにしましょう。

高級ホテル・レストランのドレスコードの種類

では、高級ホテルのレストランにはどういったドレスコードがあるのか見ていきましょう。

ドレスコードには大きく分けて3種類あり、その場の雰囲気に合わせた服装を選びます。

フォーマル(正装)、セミフォーマル(準礼装)、インフォーマル(略礼装)の3種類です。

この3つのドレスコードの違いを押さえれば、星付きホテル、高級ホテルに着て行く服装もイメージが付きやすくなります。

それでは、一般的なドレスコードとシーンを合わせてご紹介しましょう。

①フォーマル(正装)

最も格式が高いフォーマル(正装)は、超高級ホテル内のレストラン、世界的に有名なレストランで指定されています。

最も格式の高いドレスコードとなり、男性はタキシード、女性はロング丈のドレスが基本です。

②セミフォーマル(準礼装)

セミフォーマル(準礼装)は、高級レストラン、クルーズ、カジノ、オペラ観劇などで指定されています。

セミフォーマルは、結婚式などお呼ばれのシーンに多いドレスコードをイメージすると良いです。

エレガントな服装が求められ、男性はスーツ、女性はカクテルドレス、ミディ丈のドレス、上品なワンピースが適しています。

例えばザ・リッツカールトン東京の45階にあるキレイな眺めが話題の「タワーズ」ではセミフォーマル指定です。

東京の夜景が一望できる素敵な空間で華やなワンピースを着れば最高のひと時を過ごすことができますね。

③インフォーマル(略礼装)

インフォーマル(略礼装)は、フォーマルなレストランで求められることが多いドレスコードです。

男性はジャケットを着用、女性はカジュアルは避けてきれいめのワンピースやスーツであればOKです。

男女ともに少しよそゆきを意識して、デニムやニットなどカジュアルな服装は避けてください。

ドレスコードだけでなく、お相手にも合わせた服装を心掛けてバランスを取ることも大切です。

バッグや靴・アクセサリーなど小物類のマナーは?

結婚式にお呼ばれした時の華やかなパーティーバッグやクラッチバッグが最適です。

NG例は、スポーティーバッグ、トートバッグ、ナイロン製のエコバッグ、リュックサックは高級ブランドであっても避けましょう。

高級ホテル・レストランでは大きな荷物は相応しくありませんので、小ぶりなバッグで特別感を高めてください

靴はドレスと相性が良いだけでなく、フォーマル感を出すことが大切です。

高級ホテル・レストランのドレスコードには、ヒール3センチ程度のパンプスが適しています。

つま先やかかとが見えるサンダルやミュールはカジュアルな印象を与えるので避けてください。

高級ブランドでもブーツやスニーカーはカジュアルですからドレスコードには相応しくありません。

パンプスには、季節に関わらず肌色のストッキングを忘れずに履きましょう

素足や厚いタイツ、派手な網タイツなどは相応しくありません。

ドレス・ワンピースが決まったら、相性の良い靴とバッグを選んでオシャレを楽しみましょう。

お食事の席では、素敵な服装だけでなく小物類の清潔感も大切なポイントです。

靴にホコリや汚れが付いていたり、痛みがある場合はせっかく新品のドレスを着ていても台無しに…。

高級ホテル・レストランの身だしなみとして、靴やバッグのメンテナンスもきちんとしておきましょう。

高級ホテル・レストランでの服装の注意点

以下の服装は、どんなドレスコードでもNGとなりますので、フォーマルシーンでは避けましょう。

露出度の高いドレス
ノースリーブ
素足にサンダル、ミュール
極端なミニスカート、ショートパンツ
Tシャツ、デニム、スニーカー
ブーツ
帽子
リュックサックや大きいカバン

高級ホテル・レストランは大人だけのシックな空間です。

派手すぎる服装は浮いてしまい、カジュアル過ぎる服装は場の雰囲気を壊してしまうのでNGです。

深すぎるスリットの入ったドレス、ボディラインが目立つドレス、カジュアルなファッションは相応しくありません。

足元は、女性のたしなみとしてパンプスに肌色のストッキングを履くのが基本です。

ストッキングは伝線した時に備えて、バッグに替えの一着を入れておくと安心です。

大きなバッグやリュックサックは高級ホテル・レストランに持ち込むのはNGマナーです。

持ち物は必要最小限に抑えて、小さめのパーティーバッグにコンパクトにまとめてください。

【シチュエーション別】高級ホテル・レストランの服装選び

「ドレスコードはルールがあって面倒だな…」と思う方もいるかもしれません。

あまり難しく考えずに、肌の露出に気をつけて、キレイめの服装を選べば問題ありません。

高級レストランに行く時間帯(昼間と夜)に合わせて服装を選ぶとイメージしやすくなりやすよ。

せっかくの高級ホテル・レストランでのお食事ですからファッションも楽しんでお出掛けしましょう。

ランチの服装は?

▽ここがポイント

肌の露出は抑える
きれいめのワンピース
一般的なワンピース、スカートとブラウスのセット

高級ホテル・レストランでランチをする場合は、肩や腕、胸元などの肌の露出は抑えることがマナーです。

フォーマル(正装)指定の場合はスカートの丈はロングまたはミディアム丈を選び、座った時に膝が見えないか確かめましょう。

セミフォーマル(準礼装)の場合は、結婚式などのお呼ばれドレスに近い雰囲気のワンピースを選びます。

インフォーマル(略礼装)の場合は、きれいめのドレスやワンピースを選んでカジュアル過ぎないように気をつければ大丈夫です。

ディナーの服装は?

▽ここがポイント

適度な肌見せもOK
フォーマル感のあるドレッシーなワンピース
ディナーはランチよりドレスコードあり

高級ホテル・レストランでのディナーはランチよりもムード感と大人の雰囲気があります。

キラキラした夜景を楽しめるレストラン、キャンドルナイトを演出しているお店もあり、ロマンチックな魅力が素敵ですね。

結婚記念日やプロポーズを予定する食事、誕生日や記念日など特別なシーンにも最適です。

ホテルディナーの場合はランチよりもドレスコードがしっかりと決まっているので確認しておきましょう。

ドレスは着丈は膝が隠れるくらいの長さを選ぶと上品で素敵です。

ディナーではフォーマル感のあるドレッシーな服装を心がけると良いでしょう。

海外での服装は?

海外での高級ホテル・レストランでは、日本よりもドレスコードがしっかりと設定されています。

アジア、オセアニア、アメリカの場合は、インフォーマル(略礼装)が多く、比較的緩めです。

しかし、ヨーロッパの場合の高級レストラン、高級クルーズ、カジノ、オペラ観劇では厳しいドレスコードが存在します

ミシュランなどによる格付けされた高級レストランでは、服装の格に気をつけて出掛けましょう。

ヨーロッパの高級ホテルでは、朝食やパブリックスペースでも、カジュアル過ぎる格好は、場の雰囲気を崩してしまうので避けたほうが良いです。

正確なドレスコードホテルによって異なりますので、ホームページまたは電話で事前に問い合わせすると安心です。

高級ホテル・レストランでのドレス選びはレンタルがおすすめ

▽ここがポイント

デザイン、カラー、素材のバリエーションが豊富
色んなドレスを楽しめる
トータルコーディネートができる

高級ホテル・レストランで食事をすることになったけど、ドレスや靴など全て購入するのは予算が…と心配な方は多いでしょう。

お気に入りのドレスを持っていても、いつもワンパターンになってしまう…とお悩みの方もいるかもしれません。

そんな方には、オンラインのドレスレンタルショップを活用すると便利です。

格式高い高級ホテル・レストランに相応しいロングドレスからフォーマルなワンピースまで、種類が豊富に揃っています。

ドレスのカラーや素材、デザイン、サイズも自由に選ぶことができるので、色んなおしゃれを楽しむことができますね。

フォーマルで華やかさのあるドレスを購入するのは勇気が入りますが、レンタルならばリーズナブルな料金なのが嬉しいポイント。

レンタルドレスショップには、ドレス・ワンピースの他にもセットアップ、スーツも選択できます。

羽織物はショール・ストール、ジャケット、ボレロなどが揃い、一緒にレンタルすれば、コーディネートもラクラクです。

まとめ

今回は、高級ホテル・レストランの服装マナーと注意点について解説していきました。

ホテルとレストランにはそれぞれのドレスコードが設けられています。

ドレスコードは事前に調べて、雰囲気にあった服装や小物類を選ぶようにしてくださいね。

レンタルドレスショップには華やかさとフォーマル感を兼ね備えたコーディネートが参考になります。

ぜひ、この機会にチェックしてみてください。

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。