結婚式のお呼ばれにグレードレスってあり?おすすめトレンドドレス44選ご紹介!

結婚式のお呼ばれでどんなドレスを着ようか悩んでいるのなら、グレーのドレスを選んでみませんか?

グレーは色の濃さによって雰囲気が変わり、なりたいイメージに合わせて選ぶ事ができる万能カラーです。

ここでは以下のことを詳しくお伝えします。

  • グレードレスを結婚式のお呼ばれで着てもOK!ただし注意点もある
  • グレードレスは濃淡や合わせる小物で印象が変わるのでアイテム選びが肝心
  • 派手すぎず地味すぎない、結婚式マナーを押さえたグレードレスを用意するのが大切
  • レンタルサービスを使えば結婚式のお呼ばれドレスが安く用意できる

ぜひ参考にしてみてください!。

結婚式におすすめ!上品かわいいグレードレス

早速、結婚式で一目を引くかわいいグレーのドレスをご紹介していきます。
グレーの濃度によっても印象は大きく変わりますから、好みのグレードレスを探してみましょう。

柔らかい雰囲気が魅力の明るめグレードレス

まずは、グレーの中でも明るい印象のドレスをご紹介していきます。

グレーにベージュのニュアンスがプラスされる「グレージュ」のほか、ミントグリーンやラベンダーに近いカラーは優しく柔らかい印象になるのが特徴です。

フェミニンなコーデや、軽やかさを感じさせるスタイルがお好きな方に特におすすめですよ。

レディな魅力たっぷりの大人なグレードレス

グレーの中でも深めのカラーを選ぶことによって、より大人っぽい印象を実現できます。

グレーなら上品さを演出しつつも、ブラックに比べてどこか柔らかさのある落ち着いたコーデが完成するのもうれしいですね。

大人っぽい雰囲気がお好みの方や、家族・親族といった立場として結婚式に出席する方、フォーマルな印象を大切にしたい方にもぴったりです。

スリーブに遊び心を取り入れた技ありグレードレスで差をつけて

パーティードレス選びでは、カラーだけでなくシルエット選びによっても印象ががらりと変わるものです。

「人と同じドレスじゃ嫌!」という方は、肩や袖に遊び心のあるデザインを取り入れたパーティードレスを選びましょう。

スリーブ(袖)にデザインがあるだけで、あか抜けた華やかな印象を引き立てやすくなりますよ。

グレードレスにマッチする小物類も忘れずに

グレードレスのお呼ばれコーデを完成させるためには、ドレスに合わせる羽織ものやバッグも必要不可欠です。

小物はブラックでまとめると、コーデを引き締めエレガントな雰囲気に。

華やかにしたいときにはシルバーやゴールド、ベージュを取り入れることで、パーティースタイルらしいきらびやかな雰囲気を演出してくれますよ。

そもそも結婚式に「グレーのドレス」ってあり?

グレーというカラーは結婚式で着用しても問題ないのでしょうか?
ここからは結婚式で着用する際に、気をつけたいことをご紹介します。

結婚式にグレードレスを着用すること自体はOK!

そもそもグレードレスはお呼ばれの衣装としてOKなのでしょうか?

結論からお伝えすると、結婚式のお呼ばれにグレードレスを着用することにはなんの問題もありません。

「地味に見えてしまうかも」と思われがちなグレードレスですが、黒に近いグレーは上品な印象に。
白に近いグレーは優しい印象になるなど、濃淡の違いでも雰囲気が変わります。
また、くすみカラーが人気の昨今にもぴったりなカラーと言えます。

さらに、グレーのドレスはどんなカラーとも相性が良いのでドレス自体に派手さはなくても、アクセサリーやパンプス、ストールやボレロを合わせると、とても上品で洗練されたコーディネートになります。

ぜひ、トータルのコーディネートでお困りのときはグレーのドレスを選んでみてください。
すでにあるご自身のアイテムともピッタリ合うはずですよ。

一方で、注意すべきポイントもあります。

ただし白一色に見えるグレーコーデは気をつけて

結婚式において、白一色のドレスは花嫁さんのためのものとされています。

そのため、ゲストが白いドレスを着ていると「花嫁さんの立場と同じ」とみなされ、マナー違反となります。

グレー自体は問題ありませんが、白に限りなく近いグレーのドレスは「白一色コーデと勘違い」されてしまうかもしれません。

会場の明るさや照明によっても色合いは違って見えてしまいますので、薄めのグレーのドレスを着用するときには、羽織ものやバッグにブラックなどの濃いカラーを取り入れメリハリのあるコーデにしましょう

弔事を思わせることがないようコーディネートにも工夫して

また、グレードレスの中にはブラックに近い深い色味のアイテムもあります。

深いグレーのドレスは大人っぽく上品な雰囲気になりますが、一方でデザインや合わせ方によって地味な印象になりすぎる可能性もあります。

結婚式のようなおめでたいシーンで弔事のような地味な服装をするのはマナー違反となりますので、華やかな光沢のある生地やレース生地のドレスを選びましょう。

また、比較的シンプルなデザインのグレードレスにはアクセサリーや小物で華やかさをプラスするようにしてください。

カラー以外にも注意!結婚式で意識したいマナー

結婚式では、そのほかにもお呼ばれドレスのマナーを意識する必要があります。
カラーに関係なく、忘れてはいけないお呼ばれスタイルマナーを解説していきましょう。

派手すぎる、カジュアルすぎるアイテムはNG

「結婚式だから華やかに!」と考えたからといって、あまりにもゴテゴテときらびやかで派手すぎるスタイルでは悪目立ちしてしまいます。

上品さ、エレガントさを意識することも忘れないようにしましょう。
また、結婚式というフォーマルな場ではカジュアルすぎるアイテムもマナー違反となります。
特に素材感には十分注意し、麻や布、ジャージ素材のアイテムはアクセサリーや小物でも使わないようにしてください。

主役はあくまで新郎新婦であることを意識する

結婚式の主役は、いわずもがな新郎新婦ですよね。
ゲストはあくまで脇役ですから、あまりに目立つファッションはNGです。
特に注意したいのが露出です。

露出度の高いドレスはそれだけで目立ちやすくなりますので、夜の結婚式ならまだしも日中の結婚式ではマナー違反となります。

胸や背中が大胆にあいたドレスなどは着用しないようにしましょう。
腕や肩が露出するデザインのドレスを着用するときには、ジャケットやボレロ、カーディガンなど露出を抑えられるアイテムを必ず組み合わせましょう。

足元も素足やサンダル、ミュールは避け、肌馴染みのいい色のストッキングにパンプスを合わせます。

アニマル柄やファーのアイテムには注意が必要

さらに注意したいのが、ヒョウ柄やゼブラ柄などアニマル柄のアイテムです。

これらのアイテムは、殺生をイメージさせることからお祝いの場には不適切とされています。
ファーを取り入れたアイテムも、同様の理由からたとえフェイクファーであっても注意した方が良いでしょう。

ファーは殺生を想像させるだけでなく、毛が抜けるなどの理由からも敬遠され、特に食事シーンではマナー違反と考えられてしまうケースもあります。

好印象なお呼ばれアイテムを安く用意する方法

結婚式にぴったりなドレスの中には「かわいいけれど、高くて手が出ない」というものもあるのではないでしょうか。
シビアなお財布問題を解決するため、お呼ばれドレスはレンタルで準備しましょう。

リリアージュでトレンドアイテムをレンタルしよう

リリアージュは、専属スタイリストが選んだドレスを格安の金額でレンタルできるサービスです。

結婚式のお呼ばれにぴったりなパーティードレスが数多く揃い、使用後はクリーニングなしで返却すればOKという手軽さも特徴。

手続きはネット上で完結するため、店舗へ足を運ぶ時間がない忙しい人でも妥協せずパーティードレス選びができます。

「手元にあるパーティードレスは昔買ったものだから、ちょっと古いデザインかも」
「昔と体型が変わってしまったから、今の自分に合ったドレスがほしい」
「季節感やトレンド感を意識したパーティードレスを用意したい」

こんなとき、リリアージュをぜひご利用ください。

【まとめ】好印象なグレードレスで結婚式のお呼ばれスタイルを完成させよう

結婚式のお呼ばれでは、マナー面にも十分注意しながらグレードレスを着用することで、周りの目を引く華やかなパーティースタイルを実現できます。

  • グレーのドレスは、濃淡で雰囲気が変わる。
  • グレードレスにはブラックやシルバーなどの小物を合わせて仕上げると◎
  • 白一色に見えたり、弔事のように地味な印象はNG!コーデに気をつける。
  • 結婚式のお呼ばれドレスや合わせる小物はレンタルサービスで安く揃えるとお得

リリアージュで安さとかわいさどちらにもこだわったグレードレスを用意して、思い出に残る結婚式のお呼ばれにしてくださいね。