【骨格ウェーブ】似合うワンピース24選!NG例やコーデのコツも解説

フェミニンでソフトな雰囲気漂う骨格ウェーブタイプの方は、ワンピースと相性が良く、パーティードレスを着ると華やかな印象になりやすいです。

そんな骨格ウェーブタイプの方は、ワンピースやドレスの選び方次第で更に魅力を引き出すことができます。
そこで今回は、次のことについて紹介します。

  • 骨格ウェーブタイプの方に似合うワンピースの選び方
  • 骨格ウェーブタイプの方におすすめのワンピースやパーティードレス
  • 骨格ウェーブタイプを活かしたコーディネートのポイント

おしゃれをもっと楽しみたい骨格ウェーブタイプの方は、ぜひ最後までご覧ください。

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブに似合うワンピースを知るために、まずは骨格ウェーブの特徴を確認しましょう。

上半身

骨格ウェーブは柔らかいボディラインが特徴です。
特に上半身は、横から見ると厚みがなく華奢な印象を与えます。
身長と比べて首が長く、バストトップの位置が低め。
ウエストのくびれがはっきりしているため、全体的に女性らしい体型に見えます。
鎖骨は骨が細く、くっきりと出ています。

下半身

骨格ウェーブはどちらかというと下重心で、下半身にボリュームが付きやすいのも大きなポイントです。
筋肉よりも脂肪が付きやすく、太るとお尻や太ももがふっくらしていきます。
低めに位置する厚みのないウエストラインに対しヒップラインはボリューミーで、そのギャップが女性らしいボディラインを生み出しています。
また、膝の骨が出ていて、膝下にもボリュームが出やすいです。

手の形

手のひらは大きすぎず小さすぎないサイズで、他の骨格タイプに比べて薄いのが特徴です。
手首は平たく、断面で見るとやや楕円形になります。
関節やくるぶし、手の筋などが目立ちにくく、滑らかで女性らしい印象を受けます。

肌質

骨格ウェーブの人の肌質は、筋肉よりも脂肪を感じられるような、柔らかくてもっちりとしたとした質感が多いです。
食べ物でいうと、雪見だいふくに例えられることがよくあります。

骨格ウェーブの有名人

スタイリングのお手本になりそうな、骨格ウェーブの有名人は次の通りです。

  • 池田エライザさん
  • 佐々木希さん
  • 北川景子さん
  • 新垣結衣さん
  • 中条あやみさん
  • 山本舞香さん
  • 桐谷美玲さん
  • 戸田恵梨香さん
  • ウォニョンさん(IVE)
  • ロゼさん(BLACK PINK)

特に佐々木希さんは、パッと見ただけで体の薄さや首の長さ、バストトップや腰の位置の低さなどが分かりやすく、典型的な骨格ウェーブタイプであると判別できます。

骨格ウェーブに似合うワンピースの特徴

ここからは、骨格ウェーブタイプの方に似合うワンピースの特徴を紹介します。

シルエット

骨格ウェーブの方におすすめのシルエットは、XラインとAライン。
それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

Xラインシルエット

  • アルファベットのXのようにウエストのくびれを強調したシルエット
  • ウエストの細さを強調し下半身をカバーする
  • 骨格ウェーブの魅力である女性的な曲線美をアピールできる

Aラインシルエット

  • アルファベットのAのように下に向かうにつれ広がっていくシルエット
  • 上半身をコンパクトにまとめて華奢な上半身を強調
  • ボリューミーな下半身をカバーできる

上半身が華奢で下半身に肉が付きやすい骨格ウェーブにとって、下半身をカバーできるXラインとAラインのワンピースは、まさに相性抜群です。
ハイウエストタイプのワンピースを選べば、腰の位置の低さをカバーでき、足長効果が期待できます。

骨格ウェーブは、デコルテが薄く首回りがやや貧相に見える傾向にあります。
そのため、骨格ウェーブの方は、首元をカバーする襟を選ぶと良いでしょう。
ハイネックやクルーネックなど首が詰まった襟、またはボートネックやハートネックなど横にあいている襟がおすすめです。

丈感

膝下にボリュームが出やすい骨格ウェーブの場合、ふくらはぎの中間くらいまでをカバーできるミモレ丈がおすすめです。
ふっくらとした膝下を隠すことで、バランスのとれたすっきりとした印象になります。
短すぎず長すぎないミモレ丈は、上品で大人っぽい雰囲気になるので、1着持っていると結婚式などのフォーマルドレスとして重宝します。

袖のデザイン

骨格ウェーブは華奢でなで肩に見られたり、服のデザインによっては貧相なイメージに見られがち。
そのため、フレンチスリーブやパフスリーブ、バルーンスリーブなど肩にボリューム感のある袖で、華やかな印象に見せるのがおすすめです。

また、ゆらゆらと揺れてボリューム感を出すフリルスリーブも、骨格ウェーブに似合う袖の定番としてあげられます。

女性らしいボディラインの骨格ウェーブさんにとって、フリルスリーブなどのフェミニンで華やかなイメージと相性抜群です。

袖の長さに悩んだら、手首を強調しつつ他の上半身をきれいにカバーできる七分袖がおすすめです。

素材

ソフトな肌質とボディーラインが特徴の骨格ウェーブタイプの方は、全体の雰囲気もふんわりと柔らかいことがほとんどです。
そんな骨格ウェーブタイプの方は、シフォンやポリエステル、とろみ素材などの薄くて柔らかい素材や透け感のある素材とよく馴染みます。 

また、ベロアやエナメル、サテンなど光沢のある素材もよく似合います。
光沢感のある素材は華やかでエレガントな印象を与えるため、イブニングドレスなどに積極的に取り入れたい素材です。

骨格ウェーブに似合わないワンピースの特徴

誰にだって似合う服もあれば、もちろん似合わない服もあります。
似合わない服と合わせると、見栄えやバランスが悪くなり、自分の魅力を引き出せなくなります。
ここからは、骨格ウェーブタイプの方が失敗しやすいワンピースの特徴を抑えておきましょう。

ロング丈・マキシ丈

もともと下半身に重心のある骨格ウェーブタイプにとって、ロング丈やマキシ丈などの長い丈は似合いません。

スカート丈が長いと、通常時でさえ下重心である骨格ウェーブの重心を更に下げてしまいます。
重心が更に下がることで、全体のバランスが崩れ、重たい印象になってしまうのです。

骨格ウェーブタイプの場合、足首が見えるくらいのミモレ丈がベスト。
足首が隠れてしまうくらいのスカート丈は、できるだけ避けるようにしましょう。

Vネックなどデコルテが開く襟

デコルテが薄く淋しい印象に見えがちな骨格ウェーブの場合、Vネックなどデコルテが開いた襟を着ると、貧相な印象が強くなってしまいます。

とくにパーティードレスなど、華やかな場での着用は避けたいところ。

もしデコルテが開いた襟のワンピースを切る場合は、アクセサリーでデコルテ部分を装飾したり、巻き髪などボリューム感のあるヘアスタイルにしてカバーすると良いでしょう。

ローウエスト

他の骨格タイプに比べて腰の低さが目立つ骨格ウェーブタイプ。
切り替えローウエストのワンピースを着ると、腰の低さが強調され、脚が短く見えてしまいます。

さらに、骨格ウェーブは下半身に重心があるため、ローウエストのボトムスと合わせると、全体のバランスが崩れてしまいます。
なるべくウエストラインが高く、脚が長く見えるワンピースを選ぶようにしましょう。

厚手の素材

骨格ウェーブタイプの方は、ハリや厚み、硬さのある素材や粗い質感の素材はなるべく避けた方が良いでしょう。

柔らかい曲線とソフトな雰囲気の骨格ウェーブタイプにとって、厚くて硬さのある素材は全体の雰囲気の調和を崩してしまいます。

リネンやレザーなど、ハードな素材の服を着ると、「服に着られている感じ」が出てしまうので、あまりおすすめしません。

骨格ウェーブの方におすすめのワンピース&パーティードレス

骨格ウェーブの方におすすめのワンピースとパーティードレスを紹介します。

体型カバーにおすすめなワンピース&パーティードレス

骨格ウェーブタイプの方にとって、女性らしいウエストラインを強調したXラインシルエットは、体型カバーの強い味方!
肉付きのいい下半身をカバーして華奢な上半身を活かしたXラインシルエットは、メリハリのあるフェミニンなシルエットを作り出します。

また、骨格ウェーブタイプの方は、手首と足首がきゅっと細いため、七分袖やミモレ丈など手首や足首が見えるデザインを選ぶのも、着痩せ効果が期待できるのでおすすめです。

スタイルアップにおすすめなワンピース&パーティードレス

低身長が気になる方や脚をきれいに見せたい方は、ハイウエストのワンピースを選ぶと良いでしょう。
腰の位置がやや低めにある骨格ウェーブ体型の場合、切り替えが高い位置にあるワンピースを着ることで、ネックである腰の低さがカバーでき、脚が長く見えます。
ウエストの位置が上がることで体全体の重心も上がり、着痩せ効果も期待できるので一石二鳥です!

上半身が貧相に見えないおすすワンピース&パーティードレス

厚みがなく、貧相で淋しい印象になりがちな上半身をカバーするなら、袖のデザインでボリューム感を出すのがおすすめです。
上半身全体に華やかさが出るのと同時に、二の腕の細さが際立つため着痩せ効果が生まれます。
また、フリルスリーブやバルーンスリーブなど、フェミニンなデザインの袖は、骨格ウェーブタイプの方が持つソフトで女性らしい雰囲気とも調和するので、積極的に取り入れたいデザインです。

骨格ウェーブを活かしたコーディネートのコツ

コーディネートに一工夫加えることで、さらに魅力的なスタイリングにすることも可能です。
ここからは、骨格ウェーブを活かしたコーディネートのコツをご紹介します。

サイズはジャストサイズを選んで

骨格ウェーブタイプの方の場合、ワンピースやドレスのサイズ感やジャストサイズがおすすめです。
体の曲線が滑らかできれいな骨格ウェーブタイプは、ややタイトなサイズ感でラインを強調した方が、美しいボディーラインを活かすことができます。

反対に、オーバーサイズは体の輪郭がぼやけてしまい、服に着られているような野暮ったい印象になってしまいます。
そのため、体にフィットするジャストサイズか少しタイトめのサイズを選ぶようにしましょう。

アクセサリーは華奢なデザインをチョイス

骨格ウェーブの場合、アクセサリーは小ぶりで繊細な物が合わせやすいのでおすすめです。
華奢で滑らかなボディラインと柔らかい雰囲気を持つ骨格ウェーブタイプは、細めのチェーンやバングルを使った物や、小さめの石やモチーフが付いたデザインなど、雰囲気に合った華奢なデザインがよく似合います。

また、少しツヤのあるくらいの光沢感の方が、柔らかな肌質に馴染みます。
揺れるタイプのピアスとも相性が良いので、コーディネートに取り入れていきましょう。

柄を取り入れるなら小さく控えめに

骨格ウェーブタイプに似合う柄は、小花柄やドット柄などシンプルで控えめなもの。
小ぶりでさりげない柄は、骨格ウェーブの華奢でソフトな雰囲気に調和してよく似合います。

配色についても、色のコントラストがはっきりしたものよりも弱いものの方が合わせやすいのが特徴です。
控えめでソフトな柄とベーシックな色合いでまとめると、甘くなりすぎずエレガントな雰囲気が出せるのでおすすめです。

バッグは小さくて丸みのあるものがベスト

バッグはファッションコーディネートにおいてバランスを大きく左右するとても重要な要素です。

骨格ウェーブタイプの方は、小さくて丸みのあるバッグがおすすめ!
華奢な雰囲気の骨格ウェーブタイプは、小さめのバッグだとバランスが取りやすく、丸みを帯びたシルエットは曲線的なボディラインに良く馴染みます。

また、ショルダーやハンドルも、骨格タイプのイメージのように細くて華奢物を選ぶとイメージ通りにコーディネートが決まります。

トレンドのパーティードレスは話題の「ネットレンタル」がおすすめ!

レンタルドレス「リリアージュ」では、結婚式、祝賀会、同窓会といったパーティーシーンにおすすめのパーティードレス・ワンピースを多数そろえています。

  • 全国どこでもスマホから24時間簡単レンタル
  • 3泊4日、業界最安級のドレス一律4,980円
  • クリーニングや保管の手間ナシ
  • 最新のトレンドドレスを簡単レンタル♪

「大切なシーンだから、せっかくなら印象的なパーティードレスを着たい」と購入したドレスが、その後結局一度も着用することのないままタンスの肥やしになってしまう……ということもめずらしくありません。
是非一度、レンタルドレスを検討してみてくださいね!

【まとめ】骨格ウェーブの特徴を生かしたワンピースでスタイルアップ!

骨格タイプに合ったコーディネートは、その人の魅力を大いに引き出す力があります。
骨格の特徴を考慮してコーディネートすることで、周りと差の付くスタイリングを作り出すことができるのです。

結婚式やパーティーなど、特別な一日に着ていくワンピースやパーティドレスは、骨格タイプを意識したものをチョイスしてみましょう!