レストランウェディングにおすすめの服装42選!マナーや注意点も解説

レストランウェディングに出席することになり、服装に悩んでいる人も多いでしょう。

レストランで開催されるといっても、結婚式なので服装のマナーはあります。

新郎新婦の門出を祝う大切な儀式のため、晴れの日に相応しい装いで花を添えましょう。
そこで今回は、レストランウェディングにおける服装のマナーや選び方をご紹介します。

  • レストランウェディングにおける服装のマナーと選び方
  • 【親族として出席】レストランウェディングにぴったりな服装
  • 【友人として出席】レストランウェディングにぴったりな服装

親族として出席する人・友人として出席する人向けに、ぴったりな服装も厳選しました。
新郎新婦との関係別、年代別におすすめの服装をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

レストランウェディング出席で押さえたい服装のマナーは?

レストランウェディングでの服装は、基本的に親族は準礼装、友人は略礼装で構いません。
しかし、レストランといっても、格式高いレストランからカジュアルなレストランまでさまざま。

高級ホテルにあるレストランなどで開催される場合、親族が準礼装で出席するとマナー違反になることもあります。

かといって、正礼装で出席するとフォーマルすぎて浮いてしまうことも……。

なお、正装は、正礼装(モストフォーマル)・準礼装(セミフォーマル)・略礼装(インフォーマル)の3つに分かれます。

名称特徴服装例(男性)服装例(女性)
正礼装
(モストフォーマル)
最も格式が高い服装モーニングコート
テールコート
アフタヌーンドレス
イブニングドレス
準礼装
(セミフォーマル)
正礼装より一段格式が下がる服装ディレクターズスーツ
タキシード
セミアフタヌーンドレス
カクテルドレス
略礼装
(インフォーマル)
準礼装よりカジュアルな服装ブラックスーツ
ダークスーツ
ワンピース
セットアップ

レストランの格や雰囲気で服装のマナーは変わるので、新郎新婦に尋ねるか、会場に問い合わせておくと安心でしょう。

「平服でお越しください」ってどんな服装を選べばよい?

招待状に「平服でお越しください」と書かれていたときは、略礼装を選びましょう。

ここでの「平服」とは、「礼装でなくて構わない」ということを意味します。
礼装とは、正礼装・準礼装のこと。

「普段着でお越しください」という意味ではないので、注意してください。

レストランウェディングといえども、正装で出席するのがマナー。
男性ならスーツ、女性ならワンピースなどを選ぶのが基本です。

「カジュアルな服装でお越しください」ってどんな服装を選べばよい?

招待状に「カジュアルな服装でお越しください」と書かれていたときは、略礼装よりカジュアルダウンしてもOKです。

ただし、ここでの「カジュアルな服装」とは、Tシャツやジーンズなどを指しているわけではありません。

男性なら、スーツにカラーシャツや柄物のネクタイを合わせる、ジャケットにパンツを合わせる程度。

女性なら、バイカラーのドレスを選ぶ程度です。
あくまで結婚式であることを念頭に置いて、きれいめでドレッシーな服装を心がけましょう。

レストランウェディングにおすすめの服装と選び方

レストランウェディングでの服装は、どの立場で出席するかによって異なります。
「親族として出席するとき」「友人として出席するとき」それぞれにおすすめの服装と選び方をご紹介しますので、参考にしてください。

親族として出席するときの服装

親族として出席するということは、主催者側の立場で出席することを意味します。
ゲストから注目される立場でもありますので、よりフォーマルな服装を意識しましょう。

父親・母親の服装

父親・母親として出席するときは、正礼装・準礼装が基本です。
格式高いレストランなら正礼装、カジュアルなレストランなら準礼装で出席しましょう。

格式高いレストラン
(正礼装)
カジュアルなレストラン
(準礼装)
父親昼:モーニングコート
夜:テールコート
昼:ディレクターズスーツ
夜:タキシード
母親昼:アフタヌーンドレス
夜:イブニングドレス
昼:セミアフタヌーンドレス
夜:カクテルドレス

父親のベーシックな正礼装・準礼装は、以下の通りです。

正礼装モーニングコート黒いジャケット
コールパンツ(黒とグレーの縞ズボン)
白無地のシャツ
黒orグレーのベスト
白黒縞柄orシルバーグレーのネクタイ
白い手袋
テールコート黒いジャケット
黒いスラックス
白無地のシャツ
白いベスト
白い蝶ネクタイ(ホワイトタイ)
準礼装ディレクターズスーツ黒いジャケット
コールパンツ(黒とグレーの縞ズボン)
白無地のシャツ
シルバーグレーのベスト
白黒縞柄orシルバーグレーのネクタイ
タキシード黒いジャケット
黒いスラックス
白無地のシャツ
黒い蝶ネクタイ(ブラックタイ)

母親のベーシックな正礼装・準礼装は、以下の通りです。

正礼装アフタヌーンドレス黒・ネイビーなどのベーシックなカラー
光沢のない生地で作られたドレス
胸元や背中を露出しない
袖丈は七分袖より長め
スカート丈はくるぶしが隠れるロング丈
イブニングドレス黒・ネイビーなどのベーシックなカラー
光沢のある生地で作られたドレス
胸元や背中が空いたデザイン
袖はない
スカート丈はくるぶしが隠れるロング丈
準礼装セミアフタヌーンドレスベーシックなカラー
光沢のない生地で作られたドレス
胸元や背中を露出しない
袖丈は五分袖くらい
スカート丈は膝下からふくらはぎくらい
カクテルドレスベーシックなカラー
光沢のある生地で作られたドレス
胸元や背中が空いたデザイン
袖はない
スカート丈は膝下からふくらはぎくらい

イブニングドレス・カクテルドレスは夜の正装であるものの、日本ではあまり浸透していません。
母親として出席するなら、露出を控えたドレスを選ぶのがベターでしょう。

兄弟・姉妹の服装

兄弟・姉妹として出席するときは、父親・母親より控えめな準礼装・略礼装を選びましょう。
ただし、親族席に着席したり、お相手の親族と挨拶したりする機会もあるため、フォーマル感のある服装を心がけてください。

兄弟礼服・ブラックスーツ・ダークスーツ
白無地のシャツ
シルバー・グレーのネクタイ
靴は黒いストレートチップ
姉妹黒・ネイビーなどの落ち着いたカラー
セミアフタヌーンドレス
フォーマルワンピース
アンサンブル
ツーピース
靴はフォーマルパンプス

兄弟として出席するなら、スーツが基本。
ビジネススーツと差をつけるために、ベストを着用してスリーピーススタイルにしたり、ポケットチーフをプラスしたりするのがおすすめです。

姉妹として出席するなら、丈が膝下より長い落ち着いたカラーのドレスを選びましょう。
華やかすぎないなら、柄物のドレスでも問題ありません。

親戚の服装

親戚として出席するときも、父親・母親より控えめな準礼装・略礼装を選びましょう。
親戚におすすめの服装は、以下の通りです。

叔父・男性のいとこブラックスーツ・ダークスーツ
シルバー・グレーのネクタイ
黒い革靴
叔母・女性のいとこフォーマルワンピース
セレモニースーツ
フォーマルパンプス

親戚として出席するときは、父親・母親よりフォーマル度の高い服装にならないよう注意してください。
また、親戚の服装はダークカラーに偏りがち。
叔母・女性のいとこなら、ベージュやパステルカラーなどのドレスを選ぶのもおすすめです。

友人として出席するときの服装

友人としてレストランウェディングに出席するときは、略礼装が基本です。
ドレッシーな服装を意識して、結婚式に花を添えましょう。

友人男性の服装

友人男性として出席するときは、スーツスタイルが基本です。
ブラックスーツまたはダークスーツ、白シャツ、白orグレーのネクタイ、黒い靴で揃えると、外すことはないでしょう。

招待状に「カジュアルな服装でお越しください」と記載されている場合は、略礼装よりラフなスタイルで出席しても構いません。

ダークスーツにカラーシャツや柄入りシャツを合わせる、光沢感のあるネクタイを着用するなどです。
ポケットチーフやカフスにこだわって、ポイントファッションを楽しむのもよいでしょう。

最近では、ジャケット+パンツ(ジャケパン)で出席する男性もいます。
ジャケパンスタイルでも、派手すぎないドレッシーな服装を意識してください。

友人女性の服装

友人女性として出席するときは、無地のワンピースにボレロやストールを合わせるのが定番です。

黒やネイビーでもマナー違反ではないものの、明るいカラードレスのほうが向いています。
小物類は、かかとやつま先が出ないパンプスと小ぶりのバッグ、パールのアクセサリーを合わせるのが基本。
ただし、昼のウェディングなら、光沢感のある服装やアクセサリーは避けましょう。

招待状に「カジュアルな服装でお越しください」と記載されている場合は、バイカラーのドレスやワンピースが許容範囲です。
カジュアルダウンしても、過度な露出は控えて、きれいめの服装を心がけてください。

【親族として出席】レストランウェディングにぴったりな服装

新郎新婦との関係別に、親族として出席するときにぴったりな服装をご紹介します。
具体的な服装をイメージするために、参考にしてみてください。

母親は丈の長いベーシックカラーのドレスでフォーマルに

母親として出席する場合は、胸元や背中を露出しないロング丈のドレスを選びましょう。

準礼装なら膝下丈でもマナー違反ではありませんが、ふくらはぎからくるぶしが隠れるほどのロング丈が一般的。

落ちついた色合いのベーシックカラーを選んで、ネックレスやイヤリングで華やかさをプラスするのがおすすめです。

姉妹は控えめな色のワンピースで花嫁を引き立てよう

姉妹として出席する場合は、母親よりフォーマル度の低いドレスを選びましょう。
胸元や背中を露出しない、ロング丈のワンピースを選ぶのが定番です。
落ち着いたカラーをチョイスして、花嫁より目立たない控えめな服装を心がけてください。

叔母・女性のいとこは華やかさをプラスしよう

叔母・女性のいとことして出席する場合は、姉妹よりフォーマル度が低い服装で構いません。

花嫁より目立たないことを意識しつつ、華やかさもプラスしましょう。
とはいえ、派手すぎるカラーは避けて、チュールやレースなどのデザインで遊び心を演出するのがおすすめです。

【友人として出席】レストランウェディングにぴったりな服装

年代別に、友人として出席するときにぴったりな服装をご紹介します。
年齢に合ったドレスをまとって、お祝いの席に花を添えましょう。

20代はキュートなワンピースでフレッシュに

若さあふれる20代は、キュートなドレスで結婚式のお祝い気分を盛り上げましょう。
花嫁とかぶらなければ、パッと明るいカラーのドレスを選んでも問題ありません。
過度な露出は控えつつ、華やかなカラーやデザインのドレスで出席するのがおすすめです。

30代はスタイリッシュなくすみカラーで大人かわいく

落ち着いた印象も兼ね備えたい30代には、おしゃれ感の高いくすみカラーのドレスがぴったり。
フェミニンな服装が好みの人は、マーメイドドレスを選ぶのもおすすめです。
大人の女性としてのきちんと感もプラスするために、小物類はベーシックカラーでまとめましょう。

40代はデザイン性の高いドレスでこなれ感たっぷりに

大人の色っぽさあふれる40代は、デザイン性の高いドレスを選ぶのがおすすめです。
シックなカラーで上品に仕上げつつ、デザインで華やかさを高めましょう。
一枚着るだけでサマになるので、40代らしいこなれ感を演出できます。

50代はシンプルなドレスで大人の余裕を演出しよう

落ち着いた大人の魅力あふれる50代は、華美すぎないシンプルなドレスがおすすめです。
生地の質感やディティールにこだわった服装で、大人の余裕を演出するのが◎。
バッグや靴などを同色系でそろえると、品のあるきれいな装いが完成します。

レストランウェディングの服装で押さえたい注意点

レストランウェディングはカジュアルよりだとはいえ、注意点はあります。
服装選びにおいて、押さえておきたいポイントをご紹介します。

親族は両家で服装の格を揃える

レストランウェディングに親族として出席するときは、ホテルでの結婚式と同じように、両家の服装を合わせましょう。

レストランウェディングでも、両家が記念撮影などで横に並ぶ機会は少なくありません。
服装がバラバラだとちぐはぐなうえに、足並みがそろってない印象をゲストに与えてしまいます。

和装・洋装どちらを選ぶのかに加えて、正礼装・準礼装どちらを選ぶのかを事前にすり合わせておきましょう。
記念撮影には兄弟姉妹も参加することになるので、あわせて服装の格を打ち合わせておくと安心です。

友人のみの結婚式でもカジュアルすぎる服装はNG

友人のみが出席する結婚式でも、ジーンズ・Tシャツなどのカジュアルすぎる服装は厳禁です。

レストランウェディングがカジュアルよりだとはいえ、新郎新婦の晴れの日を祝う特別な儀式。
とくにレストランウェディングは、細部まで新郎新婦のこだわりが詰め込まれています。

友人のみの結婚式でも、ゲストとして出席するなら略礼装が基本です。
2人の門出に花を添えるために、華やかさを意識してドレッシーな服装を心がけましょう。

動きやすい服装を意識する

レストランウェディングはコンパクトな会場で開催されることが多いため、動きやすい服装で出席しましょう。

レストランは、ホテルや式場などと違い、普段は料理店として営業しています。

大人数を収容するのが難しく、専門の式場より密集してしまうことも少なくありません。
新郎新婦の趣向によっては、立食形式で開催されることもあります。

和装で出席するのはマナー違反ではありませんが、帯や袖が他の出席者の邪魔になったり、慣れない服装で動きづらいと感じたりすることも。

とくにこだわりがないなら、男性はスーツ、女性はドレスで出席するほうが、結婚式をより楽しめるでしょう。

【まとめ】レストランウェディングに合う服装で新郎新婦を祝福しよう

レストランウェディングの服装は、親族が準礼装、友人は略礼装が基本です。
カジュアルな結婚式とはいえ、お祝いの席なのでフォーマルな服装で出席しましょう。

祝福の気持ちを伝えるために、ドレッシーで華やかな服装を意識することも大切です。

新郎新婦との関係性や年代を考慮しつつ、TPOに相応しい服装を選んで、心からのお祝いを伝えてくださいね。