お気に入り カート
TOP> 【結婚式ストッキング】黒やタイツは大丈夫?気になるマナーや伝線対策、おすすめのドレスまで一気にご紹介!

【結婚式ストッキング】黒やタイツは大丈夫?気になるマナーや伝線対策、おすすめのドレスまで一気にご紹介!

【結婚式ストッキング】黒やタイツは大丈夫?気になるマナーや伝線対策、おすすめのドレスまで一気にご紹介!【結婚式ストッキング】黒やタイツは大丈夫?気になるマナーや伝線対策、おすすめのドレスまで一気にご紹介!

【結婚式ストッキング】黒やタイツは大丈夫?気になるマナーや伝線対策、おすすめのドレスまで一気にご紹介!

大切な友人や家族の結婚式、お気に入りのパーティードレスを選び、ヘアメイクも決めて、準備はばっちり♪
……でも、ちょっと待って!あなたのそのストッキング、本当に大丈夫?

結婚式に参列する際には、ストッキングにもマナーがあるのは知っていますか?

この記事では、意外と知られていない結婚式のストッキングマナーやNG例ストッキングの伝線対策まで、徹底解説!
さらに、どうしてもストッキングは苦手……という方におすすめのスタイルも合わせてご紹介します。

「黒いストッキングは大丈夫?」
「寒いからタイツを履きたいんだけど……」
「おしゃれなストッキングで個性を出したい!」
「ストッキングは絶対に必要?」

など、結婚式ストッキングについて悩んだ際には、ぜひ参考にしてくださいね!

結婚式でのストッキングマナー

フォーマルなシーンでは、ストッキングの着用は必須です。
基本的には、自分の肌の色に合わせたナチュラルなベージュカラーのストッキングを選びましょう。

中には「素足に自信があるからストッキングはいらない?」「夏場なら素足でも良い?」と考える女性もいるかもしれません。
しかし“素足でいること”=“気を使っていない状態”とみなされ、メイクをしていない“すっぴん”同様に、礼儀に欠けている状態になってしまうのです。
さすがにすっぴんでパーティーに参加しようとは思わないですよね。
なので、フォーマルな場でのストッキング着用は“最低限のマナー”だと頭に入れておきましょう。

結婚式ストッキングNG例

フォーマルな場ではストッキング着用が必須ですが、どんなストッキングでも良いわけではありません。
ここでは、結婚式ストッキングのNG例をご紹介します。

黒ストッキング

実際にお呼ばれの場で履いている人を多くみかける黒ストッキングですが、実はマナー的にはNGとされています。

結婚式のカジュアル化が進み、お呼ばれスタイルも多様化している中、会場や式の雰囲気によってはそこまで神経質になる必要はないかもしれませんが、やはりきちんとマナーを重視したいシーンではさけましょう。

特に気をつけたいのは、以下のような場面です。

ホテル挙式神前式など格式の高い式
・職場関係など目上の人が多い式
・自分が親族上司の立場の場合
・余興などを任されている

お招きしてくれた新郎新婦に恥をかかせないためにも、マナーに沿ったフォーマルな装いで参列しましょう。

反対に、友人だけでのカジュアルな式やアットホームなパーティーの場合は、ある程度自由なファッションが許されます。

ただそういった場合でも、黒ストッキングを選ぶ際には、程よい透け感あるものラメ入りなど、華やかさのあるものを選びましょう。

透け感の無い真っ黒なストッキングは喪を連想させてしまい、お祝いの場にはふさわしくありません。

タイツ

冬場など寒い時期には「タイツを履いていきたい!」という気持ちになるかもしれませんが、タイツはフォーマルな場にはふさわしくありません
でも、そもそもストッキングとタイツの違いって何?という方も多いのではないでしょうか。
タイツは主に、肌にフィットするように作られた腰からつま先までを覆う“衣服”で、ストッキングは長い“靴下”です。

タイツ=衣服
ストッキング=靴下

ということですが、一般的にはデニール数(繊維の太さの単位)の違いで判断されることが多いようです。
デニール数の高い、分厚いものがタイツとされています。
多くのメーカーでは30デニール未満を基準にストッキングとされているので、迷った場合は、30デニール以下を目安に選びましょう。

カラータイツ、網タイツ、柄物

カラータイツ、網タイツ、派手な柄物などは、タイツがマナー違反なのと同時に主張が強いアイテムなので、フォーマルな場では避けましょう。
結婚式の主役は新郎新婦です。気配りのあるファッションを心がけて。

結婚式におすすめのストッキング

お呼ばれの場では“ナチュラルなベージュカラーのストッキングが基本”ですが、もう少し足元のおしゃれを楽しみたい!という方に、おすすめのストッキングをご紹介します。

ラメ入りストッキング

脚を綺麗にみせたい方には、華美になりすぎない繊細なラメ入りのベージュのストッキングおすすめ。
繊細なラメは、肌色を明るく脚をすっきりみせてくれます。
コーディネートに華やかさをプラスしたい時にも活躍してくれるアイテムです。

ワンポイント入りストッキング

ストッキング売り場には、パーティー用の華やかなストッキングがたくさん並んでいます。
お呼ばれの場ではあまり派手なデザインは避けるべきですが、足首などにさりげなく装飾が施されたワンポイント入りストッキングなら、特別感を演出できるのでおすすめです。
アンクレット風のデザインやレース調など、自分らしい一足を見つけてみてはいかがでしょうか。

ストッキングの伝線予防と対策

「いざという時にストッキングが伝線してしまった!」「おろしたばかりなのに……」という場面、女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか?
結婚式のお呼ばれという大事なシーン、せっかくふさわしいストッキングを選んでも、伝線してしまっては台無しです。
対策として“予備のストッキングを常備しておく”ことは基本ですが、できれば伝線自体を避けたいところ。
ここではストッキングの伝線予防対策と、伝線してしまったけど予備がない時や、履き替えることができない時のための応急処置方法をご紹介します。

正しく履く

急ぎの場合など、つい一気に引っ張り上げてしまいがちですが、膝、太もも、腰へと、順を追ってゆっくりストッキングを引き上げるように正しく履きましょう。
ストッキングはとっても繊細。些細なことですが、伝線を防ぐために慎重に扱いましょう。
また、伝線の原因となる手足の爪かかとなどのケアも大切です。

正しく洗濯する

ストッキングの繊維を痛めないためには手洗いがベスト。お湯だと繊維の伸縮性が失われてしまうため、で洗いましょう。
天日干しは避け、室内や日陰で干します。
洗濯機にかける場合は洗濯ネットに入れて洗濯し、引っかかり防止のためネットに入れたまま干す方法がおすすめです。

伝線しにくくする裏ワザ

伝線しにくいストッキングなどの商品も多数販売されていますが、通常のストッキングよりコストはかかってしまいますよね。 でも実は、コストをかけずにストッキングの繊維を補強し、伝線を防止する裏ワザがあるのです!

冷蔵庫に1日保管する
2~3倍に薄めた酢水につけた後、日陰で一晩乾かす
ぬるま湯につけて絞り、あて布をして低温でアイロンをかける

など、手軽なものばかりなので一度ためしてみてはいかがでしょうか?

伝線してしまった際の応急処置

予備のストッキングを持ってくるのを忘れてしまった!そんな時、以下のアイテムで、伝線箇所の広がり最小限に食い止めることができます。

透明マニキュアトップコート

ポイントは伝線箇所の周辺を固めるように、少し広めに塗ること。乾くのに多少時間がかかってしまいますが、繊維が固まり伝線の広がりを防ぐことができます。

液体のりソックタッチ

補強方法は上記の透明マニキュアやトップコートと同様に、伝線箇所を周辺から塗り固めます。強度は他のアイテムと比べると若干落ちてしまいますが、試してみる価値はアリ。
ちなみに、液体のりの代わりに瞬間接着剤をつかうのは絶対に避けてください。ストッキングに瞬間接着剤を使用すると、化学反応が起こり高温を発してしまうため大変危険です。

ヘアスプレー

パーティーシーンであれば、バッグに忍ばせていることも多いヘアスプレー。こちらも伝線箇所に吹きかけるだけで繊維のほつれを食い止めることができるのです。
速乾性があるので、時間がない時にも便利。 注意点は“固めるタイプ”のスプレーを選ぶことです。
また、肌が弱い人はかぶれる恐れがあるので避けてください。

ストッキングが苦手な方におすすめのお呼ばれスタイル

フォーマルな場には必須のストッキングですが「腰まで覆われたストッキングは苦手」という方や「ベージュストッキングで脚を露出するのに抵抗がある」という方には、パンツスタイルロングドレスがおすすめです。
露出部分がわずかなパンツスタイルやロングドレスなら、ひざ下丈の靴下タイプのストッキングを履けばOK!
今回はフォーマルな場にふさわしくトレンド感もばっちり、スタイルアップも叶う優秀なドレスをご紹介します。
気になるものがあれば、手軽にレンタルすることも可能です!

パンツスタイル

■サックスブルーのベルト付きオールインワン

ドレス選びの正解
ドレス選びの正解
サックスブルーの
ベルト付きオールインワン
サックスブルーの
ベルト付きオールインワン

トレンドのデコルテレースのデザインが可愛い、爽やかなサックスブルーのオールインワン。前後にタックの入ったシルエットの綺麗なパンツスタイルです。

■首元パール飾りのツーピース黒パンツドレス

ドレス選びの正解
ドレス選びの正解
首元パール飾りの
ツーピース黒パンツドレス
首元パール飾りの
ツーピース黒パンツドレス

幅広いシーンで大活躍のシックなパンツスタイル。透け感のある素材で、軽やかに着こなせます。アクセサリーなしで決まるのも嬉しいポイント!

ロングドレス

■ベージュのレース袖ロングドレス

ドレス選びの正解
ドレス選びの正解
ベージュの
レース袖ロングドレスドレス
ベージュの
レース袖ロングドレスドレス

長めの袖&ロングスカートでもシフォン生地なので重たくならず、肌の露出を控えたい方にも安心のデザイン。靴やバッグに、濃い色を合わせて着こなすのがおすすめです。

■ネイビーの袖付きビスチェ風ロングドレス

ドレス選びの正解
ドレス選びの正解
ネイビーの
袖付きビスチェ風ロングドレス
ネイビーの
袖付きビスチェ風ロングドレス

レースの程よい透け感が上品なネイビードレス。レース袖とビスチェ風デザインなど、おしゃれ心をくすぐる一着です。

いかかでしょうか?
普段何気なく履いているストッキングですが、女性にとってはなくてはならないアイテムです。
この機会にマナーや伝線対策をしっかり覚えて、お呼ばれの場だけでなく普段の生活にもぜひ活かしてみてくださいね。

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。