お気に入り カート
ノースリーブ sleeveless
TOP> 結婚式にノースリーブは大丈夫?お呼ばれドレスおすすめ10選
結婚式にノースリーブは大丈夫?お呼ばれドレスおすすめ10選結婚式にノースリーブは大丈夫?お呼ばれドレスおすすめ10選

仲の良い友人から結婚式の招待状が来ると、ワクワクした気持ちと当時に、服装はどうしようか悩みますよね。
久しぶりに会う友人も多く集まる結婚式場には、華やかな服装で参加したい方も多いでしょう。

結婚式のお呼ばれドレスはノースリーブが多いですが、袖なしデザインを着用しても大丈夫なのでしょうか?

結論から言えば、結婚式にノースリーブを着て行っても問題ありません。
昼間の披露宴では、ショールやジャケットなど、羽織物があると良いでしょう。

そこで今回は、結婚式のお呼ばれドレスにノースリーブの服を着ても良いのか、詳しく解説していきます。
おすすめのお呼ばれドレス10選もご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚式のお呼ばれドレスはノースリーブでも大丈夫?

ノースリーブ

ノースリーブは肩出しで露出が多くなるため、結婚式で着用しても大丈夫なのかなぁ…と気になる方も多いでしょう。
海外ドラマや映画のパーティーシーンでも、女性達がノースリーブドレスを来て楽しそうに盛り上がっているシーンをよく見かけますよね。

しかし、残念ながら、日本では昼間の結婚式は、羽織物なしの肩だしスタイルはマナーに反するのでNGです。

昼(午前中から18時頃)の結婚式では、肌の露出は極力控えるべきというマナーがあります。
ノースリーブのドレスを着用する場合は、ボレロ、ショール、ジャケットなどの羽織物を持っていきましょう。
昼間の結婚式は、スカート丈もひざ下の長めを選ぶことが大切です。

一方で、夜(18時以降から)の結婚式にはノースリーブのドレスをそのまま着用して問題ありません。
夜の時間帯は、羽織物はなしで、そのまま肩を出したスタイルやミニ丈でも大丈夫です。
夜の結婚式は、肌の露出が多めのドレスは、華やかさを演出できるのでおしゃれな印象になります。

ただし、過度な露出や体のラインを強調するドレス、新婦より目立つデザインのドレスは、昼夜問わず、結婚式には相応しくないので避けましょう。

昼間の結婚式はノースリーブに羽織物を添えて

昼(午前中から18時頃)の結婚式は、基本的に肌の露出は抑えて、ノースリーブのドレスには羽織物をプラスするのがマナーです。

最近よく見かけるレストランウェディング、ガーデンウェディング、ゲストハウスウェディングなど、カジュアルな結婚式の場合は、昼の時間帯でもノースリーブドレスを着用してもOKです。

新郎新婦とゲストとの距離が近く、アットホームな雰囲気の結婚式の場合は、昼間の時間帯でも、羽織物を着用しなくても大丈夫です。

カジュアルなスタイルの結婚式は、ゲストの服装マナーも緩めなので、ノースリーブドレスのみで参加できます。

その他にも、親しい友人だけが集まる結婚・披露パーティー、二次会の場合もノースリーブドレス単体で着用してもOKです。

結婚式のお呼ばれドレスでノースリーブを選ぶ際に気をつけること

ノースリーブドレスと一口に言っても、キャミソール、ベアトップなど、デザインも様々です。
結婚式のお呼ばれドレスでノースリーブを着用する場合は、どこまでOKなのでしょうか。

結婚式では、目上の方や新郎新婦の親族も出席しますので、失礼のない服装マナーを心がけるべきです。

ノースリーブはキャミソールやベアトップでも問題ありませんが、胸元が開きすぎるデザインや過度の露出は避けるようにしてください。
体のラインを強調するデザインは下品な印象を与えてしまい、特に目上の人に対して失礼になるのでやめましょう。

「夏だから」、「式場の気温が高いから」といった気温や暑さの理由だけで、ノースリーブになるのはNGです。

また、キリスト教会内、神社仏閣で行われる挙式に参列する場合も、肌の露出を控えて、羽織物をあわせましょう。

どんな結婚式でも、招待されたゲストは目立ち過ぎず、主役である新郎新婦を祝福することが大切です。

結婚式のお呼ばれドレスでノースリーブを選ぶメリット

ノースリーブ

正装ドレスはノースリーブが多く見かけますが、それにはたくさんのメリットがあるからです。

例えば、結婚式・披露宴と二次会の両方に出席する場合はノースリーブドレスを選べば、着替えずにスタイルの変化を楽しむことができます

昼間の結婚式・披露宴ではショールなどの羽織物を組み合わせて、二次会では羽織物なしでノースリーブ単体で参加します。
そうすれば、一つのノースリーブドレスで2つのパターンのコーディネートを演出できるので便利!

コーディネートに自信がない方もノースリーブドレスは一枚着用するだけで、スタイルが完成するので悩むことはありません。
特にナイトウェディングの場合は、程よく肌見せするとオシャレ感がアップするのでおすすめです。

ノースリーブドレスは、ネックレス、バッグ、靴などの小物類を合わせると、ガラリとイメージチェンジができるのも嬉しいポイント。

結婚式のノースリーブドレスに合わせる羽織物の選び方

結婚式にノースリーブドレスでの参列は問題ありませんが、羽織物を用意するのを忘れなく。

羽織物を選ぶ際は、ドレスのデザインを引き立ててくれる素材やカラーを選びましょう。

シフォン素材の軽いショールはシルバーやベージュを選ぶと、どんなドレスにも合わせやすいので、一枚持っていると重宝します。

華やかなドレスに合わせるならば、ホールド力のあるボレロやきちんと感が出るジャケットも良いでしょう。

ジャケットは防寒対策にもなりますので、ノースリーブではちょっと肌寒いときに便利です。

最近は、ナチュラルな雰囲気の中で結婚式をするガーデンウェディングも増えているので、ノースリーブにボレロをプラスすると良いでしょう。

羽織物はドレス選びよりも手を抜いてしまいがちですが、顔周りを華やかに見せる効果もあるので、適切なデザイン・カラー・素材を選びましょう。

結婚式のお呼ばれドレスにNGの羽織物

ファー素材は殺生をイメージさせてしまうため、結婚式やお祝いの場面では不適切とされています。
ファー素材の羽織物はもちろん、バッグや靴もファーが入ったアイテムは避けるようにしてください。
最近のカジュアルな結婚式では、ファー素材も問題ないケースもありますが、念の為避けておいた方が無難ですね。

その他にも、ニット素材のカーディガン、デニム系の素材はカジュアルな印象になるのでNGです。

カジュアル感が強すぎるとフォーマル感がなくなり、華やかさに欠けてしまうので避けましょう。

秋冬の結婚式にお呼ばれした時のノースリーブドレスは?

秋冬の結婚式にお呼ばれしたら、ノースリーブドレスを着ていけるの?と心配な方もいるでしょう。

結婚式の服装マナーとしては、秋冬の結婚式にノースリーブドレスで出席しても問題ありません。

結婚式会場は空調設備がしっかりしているので、秋冬の寒い時期は室内が暑く感じることも。
秋冬の結婚式だからこそ、ノースリーブドレスを着て行くと、体温調節しやすいのでおすすめです。

例えば、シフォン素材は風になびくふわふわなシフォン素材は春夏っぽいかな…と心配になるかもしれませんが、寒い時期でも問題ありません。
シフォン素材はお呼ばれドレスの一般的な素材なので、通年着ても大丈夫な素材です。

他にも、毛足が長く柔らかで光沢のあるベロア素材、ツイード素材は寒い季節におすすめのフォーマル素材です。

秋冬はクールな寒色系(青・緑)よりも温かみのある暖色系(赤・黄・オレンジ)のドレスを選ぶと良いでしょう。

秋冬のお呼ばれドレスには、ワンピースでなくてもパンツドレスも大人っぽくておすすめです。
トップスがノースリーブでボトムがパンツドレスの組み合わせは大人っぽい印象を与えることができてフォーマル感もあります。
パンツスタイルは足の露出がないので、ノースリーブを着ていても派手になり過ぎないのが嬉しいポイント。
腰回りやお腹周り、ヒップラインをカバーしたい方や気になる脚のラインを見せない方には、パンツドレスにチャレンジしてみると良いでしょう。

結婚式お呼ばれノースリーブドレス&ショール厳選10選!

最近、結婚式にお呼ばれすることが多くなったけど毎回同じドレスになってしまう…とお悩みの方にはドレスレンタルがおすすめです。
最新トレンド満載のレンタルドレスを利用すれば、その時の気分や結婚式会場の雰囲気に合わせて、気軽にドレスを変えることができます。

レンタルドレスショップ「リリアージュ」は業界最安級でレンタルできるので結婚式のお呼ばれドレスはもう迷いません。
人気のカラーのドレスやノースリーブ、袖付きドレス、パンツドレスなど、用途に合わせて色々な衣装を試せるのが嬉しいポイントです。
ノースリーブドレスを着てみたいけど、購入した後に失敗したくない…という方も、レンタルドレスならば、何点か試した後に購入を検討できるのです。

「リリアージュ」はドレス単体のレンタルの他、ノースリーブドレスに合わせたいボレロ、ショール、バッグといった小物類もレンタルも可能です。
簡単に結婚式のお呼ばれコーディネートが完成するので、当日も自信を持って参列することができますね。

ここからは、結婚式や二次会で役立つ人気ノースリーブドレスを10点ご紹介していきましょう。

①フィッシュテールスカートがポイントのネイビードレス

ノースリーブ
ノースリーブ
ネイビーの
フィッシュテールスカート
ネイビーの
フィッシュテールスカート

ノースリーブドレスは派手になってしまいがち…と心配な方には、こちらの装飾のないシンプルなネイビーのドレスがおすすめ。落ち着いたネイビーカラーのドレスはノースリーブを着ていても大人っぽい印象を与えてくれます。前後丈の長さの異なるフィッシュテールスカートが動くたびにふんわり揺れるのがポイント。一枚着るだけで、ひざ下の足のラインをすっと綺麗に見せてくれます。 ウエスト部分にはゴムが入っているので、飲んだり食べたりしても窮屈感がなく、ワンピース感覚で着ることができます。足元はポインテッドトゥパンプスを合わせれば、足をより長く見せてスッキリまとまります。

②シフォン×ラメニットベージュショール

ノースリーブ
ノースリーブ
シフォン×ラメニット
ベージュショール
シフォン×ラメニット
ベージュショール

結婚式や二次会でノースリーブドレスを選んだら、クラシカルなシャンパンゴールドのショールを合わせてみてはいかがでしょうか?やわらかなシフォン生地に華やかなラメニットレースがゴージャスな雰囲気を醸し出してくれます。ショールの幅が広いので肩からかけるだけで、気になる二の腕、背中をカバーしてくれます。フロントにはボタンが2つあり、しっかり留めることができるのでズレずに安心です。フロントをボタン留めずに、リボン結びにして可愛くコーディネートするのもおすすめ。

③ベージュ×イエローの配色レースドレス

ノースリーブ
ノースリーブ
ベージュ×イエローの
花柄レースドレス
ベージュ×イエローの
花柄レースドレス

ベージュ×イエローの配色が爽やかなこちらのノースリーブドレスは総レースデザインがポイント。ボリュームのあるフィッシュテールスカートは、歩くとスカートの裾がふんわりと揺れて女性らしさに溢れるデザインとなっています。羽織物やバッグはドレスの優しいカラーを生かすためにベージュを合わせて、靴はメリハリのある差し色のポインテッドトゥパンプスを投入するのがおすすめ。ノースリーブドレスは長めの着丈なので、身長160㎝以上の方にマッチします。

④ベージュオーガンジー・レース・サテンの3枚重ね高級ショール

ノースリーブ
ノースリーブ
ベージュオーガンジー・レース・サテンの
3枚重ね高級ショール
ベージュオーガンジー・レース・サテンの
3枚重ね高級ショール

ベージュオーガンジー・レース・サテンの3枚重ね高級ショールは、ハリのある素材なのでドレッシーに決まります。ショール風デザインボレロの素材は3枚構造、外側からオーガンジー・花柄レース・サテン生地となっていて贅沢な作りになっています。内側の生地に袖を通して着用するので、ショールのように肩からずり落ちてくる心配もありません。ふんわりと肩周りを覆ってくれて、どんなカラーのノースリーブドレスとも合わせやすいのが嬉しいポイントです。

⑤ベージュ×オレンジのミニドレス

ノースリーブ
ノースリーブ
胸元お花レースベージュ×コーラルオレンジ
バイカラーミニドレス
胸元お花レースベージュ×コーラルオレンジ
バイカラーミニドレス

おしゃれ度が高くトレンドも取り入れたい方には、こちらのベージュ×オレンジのミニドレスがおすすめ。表地には上質なタフタ生地を使用しており、テロテロにならずしっかりした厚みのある生地です。裏地はサラサラした触感が心地いいポリエステルを使用しており、着心地は軽くてワンピース感覚で着用できます。左脇のファスナーを下げ、背中の編み上げを全開に広げると、頭からすっぽり被るようにして着用できます。付属のパニエはスナップボタンで取り外しできるので、スカートのボリュームや丈の長さの調整も可能です。ウエストまわりの大きなリボンが可愛らしく、スカート裾部分が段差になっているのでデザイン性が高く、写真映えするのが嬉しいポイント。背中部分には編み上げの調節紐が付いているので、体のラインにピッタリフィットさせて着用できます。

⑥袖ありライトグレーオーガンジー&シェルレースショール風ボレロ

ノースリーブ
ノースリーブ
袖ありライトグレーオーガンジー&シェルレース
ショール風ボレロ
袖ありライトグレーオーガンジー&シェルレース
ショール風ボレロ

袖ありライトグレーオーガンジー&シェルレースショール風ボレロは、ノースリーブドレスにピッタリなデザイン。素材は3枚構造、外側からオーガンジー・シフォン生地・ポリエステル素材となっています。ライトグレーの落ち着いたカラーは派手になり過ぎず大人っぽい印象を与えてくれます。ノースリーブドレス一枚では肩や腕の露出が気になる方、エレガントなイメージに変えたい時に大変便利です。ラメニットレースの縁取りが華やかな印象になるので、シンプルなショールでは物足りない方にもおすすめです。透け感のある柔らかなオーガンジー素材なので、ノースリーブドレスのデザインを自然に引き立ててくれるでしょう。こちらのショール風ボレロも内側の生地から袖を通せる作りになっているので、肩からズリ落ちてしまう心配はありません。

⑦ベージュ×ワインレッドのミニドレス

ノースリーブ
ノースリーブ
ベージュバラ×ワインレッドスカート
ミニドレス
ベージュバラ×ワインレッドスカート
ミニドレス

ノースリーブのキュートなドレスをお探しの方にはこちらのベージュ×ワインレッドのミニドレスがおすすめ。落ち着いたワインレッドカラーのスカートのおかげで露出が多いデザインも上品にまとめてくれます。生地表地には柔らかなサテンを使用し、裏地は一番内側の部分にはつるつるとしたサテン地を使っています。表地と裏地の間にはソフトチュールが挟まれており着用時にスカートがふんわりして、着心地も抜群です。ノースリーブでも肩の部分が太めのデザインなので安定感があり、ずれ落ちてしまう心配もありません。羽織物はトップのベージュに合わせて明るいカラーを選ぶと上品にまとまりますよ。ドレスは左ファスナーを開いて、上からかぶって着用タイプなのでヘアセットをした後も楽々です。

⑧パールホック付き黒ラメニットショール

ノースリーブ
ノースリーブ
パールホック付き
黒ラメニットショール
パールホック付き
黒ラメニットショール

どんなノースリーブドレスにもマッチするふんわり羽織れる万能ショールです。パールホック付き黒ラメニットショールは、肩からかけるだけで、気になる二の腕周りを、ゆったりとしたラインで美しくカバー。きらきら感のあるラメニットボレロは、結婚式のノースリーブドレスとの相性も良く、華やかさを添えてくれます。ロングドレスにもミニドレスにも合わせやすく、春夏・秋冬問わず、一年中着用できるので一枚持っていると重宝するアイテムです。フロントホック部分には上品なパールとフリンジデザインが付いており、普通使いするショールよりもパーティーや結婚式などお祝いの席にマッチします。ショールには適度な厚みがあり、透け感がないので気になる二の腕と背中をしっかりカバーすることが可能です。大判タイプなので、羽織るだけで背中に開きがあるキャミタイプのノースリーブドレスもしっかりカバーしてくれるので安心ですね。キラキラ感のある黒なので地味になり過ぎず、結婚式のお呼ばれコーディネートを締まった印象にまとめてくれます。

⑨ハイネック×シースルーのドット柄がガーリーな黒のドレス

ノースリーブ
ノースリーブ
黒の
シースルードットドレス
黒の
シースルードットドレス

ハイネック×シースルーのドット柄が上品でクラシックな印象を与えてくれる黒のドレス。スカートは厚手のハリのある生地なので、テロテロせずに高級感のあるデザインに仕上がっています。胸元と背中は透け感のあるレース編みが女性らしさを引き立たせてくれます。丈は長くひざが隠れる長さなので、脚を見せずにエレガントな装いをしたい方におすすめです。小物類は、ドレスのスカートが映えるように、装飾が華やかなバッグを合わせて、靴はポインテッドトゥパンプスを選ぶと良いでしょう。ウエスト切り替えが上の方にあるので、一枚着るだけでスタイルアップできるノースリーブドレスです。

⑩袖ありアイボリーオーガンジーショール

ノースリーブ
ノースリーブ
袖ありアイボリー
オーガンジーショール
袖ありアイボリー
オーガンジーショール

顔周りを華やかに見せてくれるショールをお探しの方は、こちらのショール風デザインボレロはいかがでしょうか。素材は3枚構造、外側からオーガンジー・シフォン生地・ポリエステル素材を使った贅沢な作りになっています。ラメニットレースの縁取りが華やかな印象を与え、ふんわりと肩周りを覆うだけで、明るいカラーが顔周りをライトアップしてくれる効果も期待できます。着用するときは、内側の生地に袖を通すだけなのでヘアスタイルをセットした後に脱ぎ着しても、肩からショールがズレたり、ヘアセットが崩れる心配はありません。シャンパンベージュの柔らかなオーガンジーの素材はどんなカラードレスにも合わせやすいので、一枚持っていると役立ちます。

結婚式のお呼ばれノースリーブドレスに合わせたい靴とバッグの選び方

ノースリーブ

昼間の結婚式で履く靴は、つま先・かかとが隠れるプレーンな形のパンプスが基本です。
ドレスと同じように肌の露出が少ない物を選び、つま先が見えるオープントゥ、肌が見えるミュールやサンダルはNGです。
パンプスにフリル、コサージュ、ビジューなどの飾りが付いたデザインのパンプスも派手過ぎなければ問題ありません。
パンプスのヒールの高さは3cm以上あるとエレガントに見えます。

パンプスには肌色のベージュ系のストッキングを合わせると、上品なスタイルにまとまります。

黒のストッキングは弔事のイメージがあるため相応しくなく、黒のタイツもカジュアル過ぎるのでNGです。
真夏の結婚式ではストッキングは暑苦しく感じますが、素足はマナーに反するので必ずストッキングを着用するようにしてください。

また、結婚式ではブーツ、ヘビやワニといった革製の靴は相応しくありませんので避けましょう。

結婚式のバッグ選びは、羽織物や靴の色、素材を合わせると全体的な統一感を出すことができます。
パーティーバッグは小ぶりの華やかなパーティバッグを合わせて、上品な素材のものを選びましょう。
バッグに関しては、多少光る素材が入っていても問題ありませんが、全体的にゴールドやシルバー、スパンコールでキラキラしたデザインは避けたほうが無難です。
また、ファーやヘビ・ワニ革、アニマル柄のパーティーバッグは殺生をイメージさせるので結婚式にはNGです。
紙袋、ビニール袋、綿素材のエコバッグもカジュアル過ぎるので結婚式ではマナー違反とされます。

結婚式のお呼ばれノースリーブドレスに合わせたいアクセサリーの選び方

昼間の結婚式では露出を抑えることがマナーだとお伝えしましたが、アクセサリー選びも同様にキラキラ光るものを避けて控えめにするのがマナーです。

例えば、昼の結婚式に着用するアクセサリーは上品なパールのアクセサリーが最も適しています。
定番のパールのアクセサリーはノースリーブドレスやどんなデザインのドレスにも合わせやすいのもポイント。
昼間でも光らずに上品に華を添えてくれるので、ネックレスやイヤリング・ピアスのセットを持っていると重宝します。

注意点としては、黒いパールは葬儀にも着用されるので、結婚式に参列する日は白のパールを選ぶようにしてください。

白のパールは本物を持っていなくてもイミテーションのもので問題ありません。

パールのアクセサリー以外には、珊瑚、トルコ石、ラピスラズリ、ムーンストーン、メノウなどの宝石類がおすすめです。

昼の結婚式では、光にあたってキラキラと輝くダイヤモンドや宝石でなければ、どんな宝石を選んでも大丈夫です。
フォーマルの場に相応しい派手過ぎないネックレスやブレスレット、イヤリング・ピアスを選ぶようにしましょう。

夜の結婚式に参列する場合は、ノースリーブのワンピースに光り輝くダイヤモンドのジュエリーを付けても大丈夫です。
夜の結婚式は、ノースリーブは一枚で着用して適度に肌見せをしても大丈夫ですので、華やかさを添えるキラキラしたアクセサリーを選ぶと良いでしょう。
ただし、花嫁さんよりも目立つのはNGですから、あまりにゴージャスなアクセサリーを身につけるとマナーに反するので気をつけてください。

まとめ

今回は、結婚式にノースリーブドレスを着ても良いのか、という疑問点について解説していきました。

華やかな席の結婚式にはノースリーブドレスは最適なスタイルですが、昼間の時間帯は肌の露出は抑えるように心得ておきましょう。
ノースリーブドレスに羽織る物は、ショールやボレロ、ジャケットを用意しておくと便利です。

羽織物は、色んなカラードレスに合わせやすいシルバーグレー、オーガンジー、シフォン素材のものを揃えておくと重宝します。
色や袖丈など様々な種類があるので、当日のドレススタイルにあった羽織物と合わせてコーディネートすると良いでしょう。

ぜひ、自分に合う素敵なノースリーブドレスを見つけて、ファッショナブルなスタイルで結婚式に参列してくださいね。

春・秋・冬ドレスも気になる方は、各季節のドレス特集を参考に

春特集パーティードレス
秋特集パーティードレス
冬特集パーティードレス

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。