お気に入り カート
ファー fur
TOP> 結婚式にファー素材はマナー違反?秋冬にオススメのパーティードレス
結婚式にファー素材はマナー違反?秋冬にオススメのパーティードレス結婚式にファー素材はマナー違反?秋冬にオススメのパーティードレス

キュートな印象にもゴージャスな印象にも変身できるファーアイテム。秋冬のファッションシーンではぜひ身に着けたいアイテムですよね。

しかし、結婚式ではファー素材はマナー違反とされています。知らずに身に着けて結婚式に出席すると恥ずかしい思いをしたり、新郎新婦に迷惑をかけたりしてしまう可能性も。

今回は、なぜファー素材は結婚式にNGといわれているのか、秋冬の結婚式にはどんな服装で出席したらよいかについてご紹介します。

寒い季節の結婚式に招待されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式にファー素材はNGと言われる理由

ファー

ふわふわのファー素材は、寒い季節にこそ取り入れたいファッションアイテムですよね。

しかし、結婚式にファー素材のアイテムを取りいれるのはちょっと考え物。

結婚式にファーアイテムを取り入れるのはマナー違反と考える人もいるのです。

そのため、ゲストがファーアイテムを身に着けて結婚式に出席すると、新郎新婦が「あなたの友達はマナーを知らないの?」と言われてしまい、迷惑をかけてしまう可能性があります。

しかし、どうしてマナー違反と言われてしまうのでしょうか?

殺生を連想させる

ファー素材は動物の毛皮から作られるため、殺生をイメージさせてしまいます。
結婚式のおめでたい席に、殺生をイメージさせるアイテムはふさわしくないという考え方です。
ファー素材がNGと言われる最大の理由が、この殺生をイメージさせるという点。
若い人に比べると年配の方の方が抵抗感を持っている印象です。

ファーの毛が抜けてしまう

ファー素材は、ちょっとした摩擦で毛が抜け落ちてしまうことがあります。
結婚式のおめでたい場で、この「抜ける」という状況が適さないと考える人もいます。
また、抜けてしまった毛がお料理の中に混ざってしまったり、写真を撮る際に他の人の服に毛がついてしまったりする可能性も。
結婚式では男性ゲストは真っ黒の礼服を着ることが多いので、白っぽい毛がついてしまうと目立ちますし、女性ゲストでも高級なドレスや着物を着ていることが多いため毛がつくのは避けたいと思う人も多いです。

ゴージャスな雰囲気になってしまい、花嫁より目立ってしまう

ボリュームのあるファーアイテムは、1つ持っているだけで華やかな印象にしてくれます。
しかしゴージャスなファーアイテムを身に着けることで花嫁さんよりゲストの方が目立ってしまう可能性があります。
結婚式の主役はあくまで花嫁さんですから、花嫁さんより目を引くファッションで結婚式に出席するのはマナー違反です。

ファー素材は防寒着として認識される

「ファー素材=防寒着」というイメージを抱く人も多いです。
結婚式ではコートやマフラーなどの防寒着はクロークに預けるのがマナー。
ですから、ファーのボレロを着て結婚式に出席するとマナー違反と思われてしまう可能性があります。

カジュアルな結婚式ならファーが許容されるケースも

ファー

ここまで見てきた理由から、結婚式にはファーアイテムを避けた方が無難です。

しかし、せっかく手元にファーアイテムがあるから、結婚式で活用したい!と思っている人もいるでしょう。

最近はパーティードレスを扱うお店でもファーアイテムが店頭にならんでいることもあり、結婚式でファーアイテムを身に着けている人を見かける機会も増えてきました。

ですから、若い人中心のカジュアルなお披露目パーティーであれば、受け入れられる可能性が高いです。

最近は1.5次会という格式の高い披露宴と肩の力が抜けた2次会の中間のスタイルでパーティーを開く新郎新婦もいるので、このような会であれば気にする人は少ないでしょう。

ただし、1.5次会であっても親族や年配のゲストが参加する時はやはりファーアイテムは避けることをおすすめします。

結婚式以外の謝恩会などではファーアイテムはNGではないので、このような機会に利用するのもいいですね。

秋冬の結婚式でオススメのファッション

結婚式ではとびきりおしゃれをするのはもちろんですが、寒い季節は防寒対策も気になりますよね。

ここからは、秋冬の結婚式におすすめのドレススタイルをご紹介します。

袖が長めのドレス

結婚式のドレスというとノースリーブのものが主流ですが、実は袖のあるドレスはメリットがいっぱいあります。

チャペルでの挙式では、肩の露出はマナー違反
ですから、ノースリーブのドレスの場合はボレロやジャケットなどを羽織って、肩を隠さなければいけません。

袖のあるドレスであれば、ドレス1枚着ればチャペルでも対応できます。

また、ドレスにボレロやジャケットを羽織る場合、ドレスのラインによっては丈などのバランスが難しいこともあります。
このような悩みも、袖付きのドレスであれば悩む必要がありません。
袖が長めのものをチョイスすれば、冷えから体を守ることもできますよ。

ファー
ファー
ピンクの
半袖レーストップス付きフレアドレス
ピンクの
半袖レーストップス付きフレアドレス

フェミニンなピンクのドレスは袖が長いものを選ぶとはさらにかわいらしい印象を与えてくれます。袖口がフレアになっているので腕を細く見せてくれる効果も。ベージュなどの明るい色の小物を合わせて優しい印象に。

ファー
ファー
ベージュの
レース袖ロングドレスドレス
ベージュの
レース袖ロングドレスドレス

袖も丈も長めのドレスは、高身長の女性におすすめ。ベージュの落ち着いた色は秋の雰囲気にもぴったりです。ドレスだけではちょっと寂しい印象になるので、アクセサリーや差し色で華やかにドレスアップすると大人なレディになれます。

袖が長めのボレロやジャケット

同じドレスであってもボレロやジャケットを変えることで印象はガラリと変わります。
はおり物はドレスに比べてリーズナブルに用意できるので、手元にドレスがある場合はボレロやジャケットだけ新しくするのもおすすめです。
こちらも袖が長いものを選ぶと、寒さ対策もバッチリです。

ファー
ファー
シルバー
ラメニットボレロ
シルバー
ラメニットボレロ

ドルマンスリーブの七分丈ボレロは、二の腕カバーも叶う優れもの。細かくラメも入っているので、華やかな印象になります。ネイビーなど落ち着いたカラーのドレスにおすすめです。

ファー
ファー
肩レース
黒シフォンボレロ
肩レース
黒シフォンボレロ

黒の羽織は重い印象になりがちですが、透け感のあるやわらかい素材のものを選ぶと優しい印象に。明るいカラーのドレスにはもちろん、濃い色のドレスに合わせると落ち着いた大人雰囲気にもなります。

ファー
ファー
ベージュ
ジャケット
ベージュ
ジャケット

ジャケットスタイルは上司や職場の先輩として結婚式に出席する時におすすめ。このジャケットはカバー力がある一方、手を伸ばした時などには袖の合間から細い腕がちらっとみえるので、品の良い大人の女性らしさ演出できます。

ファー
ファー
長袖シフォン
黒ジャケットボレロ
長袖シフォン
黒ジャケットボレロ

手元にシャンパンゴールドなどの明るい色のドレスがある場合は、黒などの落ち着いたカラーと合わせるのが◎。親族として結婚式に出席する場合など、華やかさよりもフォーマル感を重視したい場合には黒いジャケットもおすすめです。ジャケットの襟がIラインになっているため、着やせ効果も抜群。

ディープな色のドレス

秋冬はパステルカラーよりも落ち着いたカラーのアイテムを身に着けたくなりませんか?
暑い季節にディープカラーのドレスを着ると「なんだかあの人暑そうだな」という印象を抱かれがちですが、秋冬はむしろ「季節感があって素敵!」と好印象です。

ファー
ファー
ワインレッドの
サイドリボンドレス
ワインレッドの
サイドリボンドレス

落ち着いたワインレッドは、秋の紅葉やクリスマスカラーを思われる色。秋冬の結婚式には特におすすめしたいカラーです。明るい色の羽織を合わせると、雪のような印象になってまさにクリスマスのような雰囲気を演出できます。他に、ゴールドの羽織も◎。このドレスは裾にさりげなくパールがちりばめられているのもポイントです。

ファー
ファー
ダークグリーン
ワンピース
ダークグリーン
ワンピース

グリーンは親しみやすさを与えてくれるカラー。ディープグリーンは落ち着いた大人の女性の雰囲気になれます。大きなリボンでキュートさを演出しつつ、ウエストマークできるので着やせ効果も。

まとめ

結婚式は新郎新婦を祝福する場です。
その場で知らなかったとはいえマナー違反をしてしまうと心から祝福できなかったり、モヤモヤとわだかまりが生まれてしまったりする可能性もあります。
ですから、結婚式では可能であればファー素材のアイテムを身に着けるのは避けましょう。

どうしても活用する場合は、若い人が中心のカジュアルなパーティーの場にするのがおすすめです。
寒い季節の結婚式では、防寒対策も気になります。
長袖のアイテムを活用すると、体が冷えすぎなくて快適に過ごせますよ。
また、秋冬はディープカラーが似合う季節ですから、ぜひ結婚式のドレスにも取り入れてみてくださいね。

リリアージュでは様々なパーティードレスやファッション小物を取り揃えています。
特に長袖のアイテムや華やかな色のドレスは活躍する機会が少なく、クローゼットの肥やしになりがちです。
レンタルであれば1回着た後は返却すればいいので手持ちのアイテムが増えることがありません。
さらに購入に比べてレンタルではリーズナブルにドレスを着ることができます。
ぜひリリアージュのパーティードレスを着て結婚式に参列してくださいね。

春・秋・冬ドレスも気になる方は、各季節のドレス特集を参考に

春特集パーティードレス
秋特集パーティードレス
冬特集パーティードレス

Check Items

  • 最近チェックした商品はありません。