結婚式二次会のワンピース・ドレス紹介と服装マナー

結婚式の二次会といえば、ワンピースを着ていくのが定番のスタイルです。
しかしワンピースと言ってもデザインは多岐にわたり、どんなコーディネートにしようか迷った経験がある人もいるのではないでしょうか?

  • 結婚式の二次会にぴったりなワンピースとは?
  • コーディネートにマナーはあるの?
  • アクセサリーや小物はどう選べばいい?

この記事は、上記のような疑問をお持ちの人におすすめです。
ぜひ二次会コーデの参考にしてください。

二次会にはどんな服装で行けばいい?

二次会は挙式披露宴と比較するとカジュアルなイベントです。
ただしマナーは結婚式とさほど変わりません。
もちろん白いドレスやワンピースはご法度とされています。
ここでは主に衣装に焦点を当てて解説しましょう。

結婚式や披露宴から参加する場合

結婚式から参列する場合、羽織ものやジャケット、アクセサリーなどで服装を調整するのがおすすめです。
最初から二次会でも着用できるドレスやワンピースを選びましょう。

たとえば二次会ではノースリーブでも問題ありません。
結婚式の最中はストール・ボレロ・ジャケットを羽織り、二次会に移行したら上着なしのコーディネートに変えてもいいですね。
アクセサリーもきらびやかなデザインのものに替えると、それだけで印象が変化します。

二次会だけ参加する場合

仕事や家庭の都合で、二次会のみ参列するケースも考えられます。
その場合は事前にどんな会場なのか調べておくのがベター
詳しくはこの次に述べますが、会場の雰囲気に合わせた衣装を選ぶことが重要なのです。
会場と服装のミスマッチを防ぐためにも、情報収集は抜かりなく。

たとえばこんな状況を想像してください。
格式の高いホテルにラフなワンピースを着ていく。あるいはカジュアルな居酒屋にフォーマルなドレスをまとって登場する。
明らかに周囲から浮いてしまいますよね。

職場から二次会に直行する場合は、スーツ選びに気を付けましょう。
通常よりも華やかなトップスを着たり、ジャケットをおしゃれにしたりするのがおすすめ。
いかにも「仕事帰りです」とわかるビジネススタイルは避けるのが無難です。

衣装選びの決め手は二次会の会場

先ほどお伝えしたように、会場によって二次会に適した服装は変わります。
シチュエーション別の衣装選びについて説明しましょう。

ホテルや結婚式場

ホテルや式場ではフォーマルな装いが求められる傾向にあります。
結婚式よりはややカジュアルにしつつ、きちんとした印象を与えるコーデが好ましいですね。身体にフィットしたデザインがおすすめ。

【こんな衣装はNG】

  • 胸元が開きすぎている
  • スカート丈が短い(膝よりも上)
  • 肩や背中の露出が多い

ノースリーブでも問題ありませんが、肌を過度に露出するデザインはご法度。
さすがに二次会でもマナー違反です。

高級なレストラン・パーティ会場

ホテルよりやや砕けた雰囲気が漂う高級レストランやパーティー会場では、カジュアルさと上品さを兼ね備えたコーデが似合います。
イメージとしては、ちょっと値の張るフレンチやイタリアンのお店に行くときの格好に近いでしょう。

【こんな衣装はNG】

  • 胸元が開きすぎている
  • スカート丈が短い(膝よりも上)
  • フォーマルに寄りすぎている

レストランの場合はふわっとしたデザインでも大丈夫。カジュアルさを演出できます。
スカート丈はくるぶしを覆うマキシ丈、もしくはマキシ丈より少し短めのロング丈などを選びましょう。

カジュアルなレストラン・居酒屋

普段よく行くようなレストランや居酒屋では、肩の力を抜いたコーデが最適です。
カジュアルだけどラフすぎない服装を選びましょう。

【こんな衣装はNG】

  • 胸元が開きすぎている
  • スカート丈が短い(膝よりも上)
  • フォーマルに寄りすぎている

普段着よりは上品な、よそ行きの仕上がりがベストですね。
オフィスカジュアルをお手本にしてもいいでしょう。
自由とはいえ、何を着てもいいわけではないのでご注意を。

その他の知っておくべき二次会マナー

二次会の服装コーデについて解説したところで、その他のマナーについても触れておきます。
社会人なら一般常識として知っておいても損はありません。

招待状の返信について

招待状が届いたら、原則として可能な限り早く返事を出すのがマナーです。
ただし欠席する場合は2?3日ほど空けると印象がいいですね。
電話やメールで先に理由を伝えておくと、より誠実さが伝わるでしょう。

会費の払い方について

結婚式や披露宴とは違い、新札やご祝儀袋は不要です。
財布から直接お金を出してもマナー違反ではありません。
できればお釣りが出ないよう、ピッタリの金額を用意すると親切ですね。
受付の負担を減らす配慮として覚えておきましょう。

新郎新婦への挨拶について

二次会当日の新郎新婦は忙しいですが、歓談時間であれば会話できる余裕があります。
ひとこと「おめでとう」と挨拶するのをお忘れなく
これはマナーというよりは常識の部類に入るかもしれません。

お祝いの品は当日渡さない

新郎新婦と親しい間柄であれば、お祝いの品を贈りたいと考えるゲストもいるのではないでしょうか?
その気持ちは素晴らしいのですが、二次会の当日に渡すのは避けましょう。
なぜなら先ほども述べた通り、新郎新婦は多忙だからです。
事前に郵送するか、後日送るかのどちらかにするのがマナーとされます。

【年代別&季節別】二次会の衣装におすすめのカラー&素材

ここまで二次会のマナー全般について説明してきました。
続いては話題を変えて、どんなカラーの衣装を選べばいいか解説します。
まずは年代ごとに適した色を紹介しましょう。
あくまで一例ゆえ、参考までに留めてください。
年齢を考慮しつつ、あなたの肌色に合わせて調節するとよいでしょう。

①10代
一般的な傾向としては、明るく若々しい印象のカラーを選ぶことが推奨されます。
具体的にはピンク・ベージュ・イエロー・ブルーなどですね。
くすみカラーではなく、鮮やかなほうが似合うでしょう。

②20代
職場の同僚や友人の結婚式に呼ばれる機会が増えるのが20代。
10代よりは落ち着いたカラーが似合います。
たとえばブラック、ネイビー、ブルー、パープル、グリーン、グレージュなど。
「控えめ過ぎず派手過ぎず」を目指しましょう

③30代
職場でも責任のある役職を任される年代です。上司として部下の結婚式に参列したり、友人の結婚式に招かれたりするケースがさらに多くなるでしょう。
上品かつ華美な印象になるカラーがおすすめです。
ブラック、ネイビー、ブルー、パープル、グレージュ、ボルドーなどを選ぶといいかもしれません。

④40代~
管理職になる人が増える年代。部下の結婚式に招待される機会が想定されます。
もしくは親族として結婚式に参列するケースが考えられるでしょう。
30代よりも控えめで品のあるカラーがおすすめ。
基本的には上記と同じですが、さらにダークトーンにしてもいいかもしれません。

季節ごとのカラー&素材

年代別のカラーがわかったところで、季節ごとの色と素材選びのコツも抑えておきましょう。
ドレス&ワンピース選びの目安として活用してください。

① 春
俗に「三寒四温」といわれるように、寒暖差が激しい季節です。
朝と夜で気温が違うのはよくある現象。
薄手のスプリングコートやショール・ストールなどを上手く取り入れるのが有効ですね。

【春にぴったりなカラー】
ピンクやベージュなどがおすすめ。淡いパープルやグリーンでもいいでしょう。
爽やかな青空を連想させる水色や、年間を通じて人気のあるブラックやネイビーでもOK。
ポイントは肌になじみやすいかどうかです。
ちょうど桜が咲く季節の二次会には、明るく華やかな色味が似合いますね。

【春向けの素材】
レースやシフォン、チュールなどがおすすめ。
これらは軽やかで風通しのよさそうな印象を与えます。
肌触りのよいシルクは季節問わず使える優れモノ。

② 夏
暑い時期に人気があるのは、見た目が涼しげなカラーと素材。
濃い目よりは淡色のパステルカラーにするといいですね。

【夏にぴったりのカラー】
王道は水色やブルー、シルバーなどです。
淡いパープルやグリーン、レモンイエローなどを選んでもおしゃれな装いになるでしょう。

【夏向けの素材】
やはりレースは根強い人気がありますね。シフォンやチュールも外せないところ。
重めの色を選んでも、素材次第では軽い印象に仕上がりますよ。

③ 秋
木々が色づいて冬の気配が近づいてくる秋は、ダークトーンが活躍する季節。
色も素材も一気に重厚感が増してきます。

【秋にぴったりのカラー】
定番のブラックやネイビーを筆頭に、秋のイメージに付随するカラーが勢ぞろい。
赤・ワインレッド・ボルドー・ブラウン・マスタードイエローなどがおすすめですね。
スモーキーがお好みならブルーグレーやモスグリーン、くすみピンクなど。

【秋向けの素材】
秋ならではの素材として、サテンやベロアが挙げられます。
サテンは独特の光沢感やツヤがおしゃれで、小物にもよく使われますね。
そしてベロアは秋が深まってくる10月後半から本格的に登場する素材。手触りの良さと見た目の上品さに加え、保温効果もあり。
もちろん定番のレースやシルクなどを選んでも問題ありません。

④ 冬
気温が一気に下がる冬は、できるだけ暖かいカラーと素材を選びましょう。
コートや羽織もので温度調節してください。
時期に関わらず、見た目から季節を感じさせる装いにするとこなれた印象を演出できます。

【冬にぴったりのカラー】
赤やワインレッド、グリーンなどはまさにクリスマスカラー。
マスタードやボルドー、あるいは定番のネイビー&ブラックでもOK。
その他にも濃いピンクやパープル、グレー、ブルーも冬らしい色ですね。

【冬向けの素材】
この時期にうってつけなのがウール・サテン・ベロア。
高貴なベルベット、ガーリーなオーガンジーなどもいいですね。
防寒対策も兼ねて風を通しにくい生地を選ぶのがベスト。

二次会にふさわしいアクセサリー&小物類

ドレスとワンピースを選ぶポイントをお伝えしたところで、アクセサリーについても解説しましょう。
基本的には結婚式・披露宴のマナーと変わりません。ただし二次会ならではのルールも存在します。
ぜひ知っておきましょう。

アクセサリー

装飾品なら何でもいいわけではありません。もちろんルールが存在します。

① 結婚式・二次会に共通のマナー
先に「これだけはNG」とされる類のものを紹介します。

  • ティアラ
  • 生花のアクセサリー
  • ファー素材のアクセサリー

上記は結婚式・二次会問わず避けるべきですね。
生花もティアラも花嫁の特権。ファーは殺生を連想させます。
アクセサリーとは少し違いますが、腕時計の扱いは要注意。
結婚式や二次会では外しましょう。時間を気にするのはマナー違反とされています。

② 二次会にふさわしいアクセサリー
結婚式や二次会で大いに役立つのが白い真珠です。
白は新婦の色ゆえ避けるべきとされますが、パールだけは例外扱いなのです。
冠婚葬祭で活躍する機会が多いため、1つ持っていれば便利ですね。
結婚式のようなお祝い事では、2連や3連でもかまいません。

ちなみに黒真珠はマナー違反ではないのですが、あまり推奨しません。
「黒=お葬式」というイメージが世間に定着しているため、覆すのは難しいでしょう。

バッグ

結婚式や二次会に持っていくなら、「シルクやサテン素材+装飾つきのバッグ」が理想的です。普段使いよりは多少派手にするくらいがちょうどいいでしょう。
二次会は夕方から夜にかけて行われることが多いため、ラメやスパンコールといった光を反射する素材でも問題ありません。
ここでバッグのマナーを紹介します。ぜひ抑えておきましょう。

【二次会ではNGなバッグ】

  • アニマル柄のバッグ
  • 毛皮がついているバッグ
  • ビニールのバッグ
  • 大きすぎるバッグ
  • 紙袋

ファー素材と同じ理由から、アニマル柄や毛皮があしらわれているバッグはNGです。
ビニールや紙袋はカジュアルになりすぎるため、二次会では避けてください。
サイズが大きすぎるバッグも会場にふさわしくありません。

女性ゲストはどうしても荷物が増えがちです。心配ならフォーマルなサブバッグを用意しておきましょう。
これは二次会に限ったことではありませんが、貴重品を盗まれる危険性もあります。手荷物はできるだけ少なくし、1つにまとめるのが最善の方法ですね。

足元は意外に他人から見られている部分です。靴にも注意を配りましょう。
ここでは靴に関するマナーについて説明します。

① NGなデザインとは?
つま先やかかとが露出しているデザインは二次会に不向きです。
なぜかというと「妻先」=「妻が先立つ」とされ、縁起が悪いから。
信ぴょう性の有無はさておき、おめでたい席ではマナーを守りましょう。

またブーツも好ましくありません。
寒い時期になるとつい履きたくなりますが、パンプスが基本です。

② ヒールのあるパンプスでエレガントに
二次会では結婚式と同じく、フォーマルな場になじみやすいヒールのパンプスを選びましょう。
パンプスについてわかりやすくまとめました。

【パンプス選びのコツ】
■ヒールは細めにするとエレガントになる
→太いヒールだとカジュアルな装いに見える。二次会ならウェッジソールでも問題なし

■無理に高いヒールを選ぶ必要はない
→二次会は長丁場のため履きやすい靴がよい。慣れているなら5cm~7cm(あるいはそれ以上)でもOK

■衣装の色に合わせると統一感あり
→靴は最後に選ぶと失敗しにくい。全体のバランスを見て調整する

上記の3点を意識して靴を選びましょう。
どんな靴がいいか迷ったら、靴の専門店に足を運んで相談してみてはいかがでしょうか?

③ ヒールが苦手ならフラットなパンプスでもOK
どうしてもヒールのパンプスが苦手という人もいるでしょう。
そんな人に朗報です。最近は必ずしもヒール着用がマナーとは見なされていません。
フォーマルなフラットパンプス、もしくはローヒールでも大丈夫です。
妊娠中の女性にもおすすめですよ。

④ 素材はどうする?
以前は革素材を避ける傾向が見られましたが、最近は緩和されてきているようです。
それでも気になる人は革を加工したエナメルでもいいですね。
秋冬の二次会であれば、暖かみのあるスエード素材で季節感を出しましょう。
ビジューやビーズなどの装飾品があるものは、時期を問わず使えるため便利です。

二次会のワンピースはネットレンタルのリリアージュがおすすめ

最後におすすめのネットレンタルショップを紹介しましょう。
二次会のワンピース選びでお困りの人に役立つ情報をまとめました。

ネットレンタルを推奨する理由

一概には言えませんが、二次会に参列する機会はそう多くないでしょう。
特に昨今は新型コロナ感染症の影響により、大人数のイベントを開催するのが難しい状況です。

そこでネットレンタルの出番なのです。
必要なときに必要なだけ借りられるため、便利なことこの上なし。
さらに流行を取り入れた商品がそろっており、選ぶ楽しさもあります。

リリアージュの特徴

今回おすすめするのは「リリアージュ」。
ドレス&ワンピースを業界最安値で借りられるネットレンタルのショップです。
結婚式や二次会の衣装を探しているなら、ぜひご利用を検討してみては?

【リリアージュの特徴】

  • ドレスのレンタル価格はすべて4,980円
  • 8,000円以上借りると送料が無料
  • クリーニング代は不要
  • レンタル期間は3泊4日

実際に利用したユーザーの意見を紹介します。

【お客様の声】

  • 初めてドレスをレンタルした。荷物に素敵なメッセージがついており、ちょっとした心遣いがとても嬉しかった
  • 他のレンタル会社より1日早く届くため、余裕を持って準備できた
  • レンタルドレスなのに状態がよく、デザインもかわいかった

ドレスを初めて借りる人でも安心のサービスつき。デザインのよさも評価のよさにつながっています。

おすすめのワンピース

以下ではリリアージュのワンピースをピックアップしていきます。
年代別におすすめのものをまとめました。

① 10代
明るく華やかなカラーとデザインのワンピースを厳選しました。

② 20代
10代よりはやや落ち着いた上品な印象のワンピースをそろえました。

③ 30代
上品さと華やかさを備えたワンピースをピックアップしました。

④ 40代~
全体的に色味は控えめですが、お祝いの場にふさわしいデザインです。

まとめ

新型コロナ感染症の影響により、コンパクトな挙式披露宴を実施する人が増えています。
二次会を開催したり招待されたりする機会も減っているかもしれません。
しかしこんなご時世だからこそ、おめでたいイベントに参列する楽しみもあるでしょう。
もし二次会コーデに悩んでいるなら、この記事を参考にしてください。
最後に改めて内容をおさらいしておきます。

  • 二次会にはどんな服装で行けばいい?
  • 衣装選びの決め手は二次会の会場
  • その他の知っておくべき二次会マナー
  • 【年代別&季節別】二次会の衣装におすすめのカラー&素材
  • 二次会にふさわしいアクセサリー&小物類
  • 二次会のワンピースはネットレンタルのリリアージュがおすすめ

原則として結婚式のマナーを踏まえていれば問題ありません。
なかには二次会ならではのルールもありますが、それほど形式にこだわる必要なし。
何よりも大事なのは、新郎新婦をお祝いする気持ちです。
おしゃれな装いで二次会を楽しみましょう。