夏の結婚式のパーティードレス特集

夏真っ盛りの6月、7月、8月は、冬と並んで非常に結婚式が少なくなる時期で、
パーティードレスを着る機会が少なくなる季節です。

6月は「ジューンブライド」という言葉が有名ですので、結婚式が多いと思っている方も多いと思いますが、
実は6月は一年で4番目に結婚式が少ない月になります。欧米では夏はベストシーズンですが、日本では6月、7月は
梅雨の時期ですし、湿度や気温が高いのと、夏休みやお盆休みがあるため敬遠されて、結婚式がかなり少ないんです。

夏は湿度や気温が高くて蒸し暑く、
「どんなドレスを着て行ったらいいの?」「外と会場内の気温差の対策はどうしよう・・・」
など、考えれば考えるほど頭を抱えてしまう事が多い季節。
そんな不安を解消できちゃう、夏の結婚式のおススメドレスをご紹介します。

暑い太陽の日差しが降り注ぐ夏は、やはり見た目が涼しく、風通しの良い素材で、
汗がまとわりつかないデザインのドレスが人気◎

水色、ネイビー、ミントグリーン、ペールグリーン、サーモンピンクなど、派手さを抑えた明るめの色味のカラーに、
程よい透け感と着心地の柔らかさが人気のシフォン素材。足さばきが良く、
汗をかいても体にまとわりつきにくいデザインのドレスがおススメです♪♪

line
夏色爽やかカラー
1307
ふんわり透け感シフォン素材
1050
涼しげライン
1057
line
色で魅せる!夏色爽やかカラー

清涼感あるミントグリーンやペールグリーン、ブルー、シャンパンベージュなどの爽やかカラーのドレスは、夏にはもってこいの涼しげスタイルを作り出せますよ♪

ベージュやシャンパンゴールドの小物でコーディ―ネートすると、ゴージャスな印象に☆ シルバーの小物でシュワシュワなサイダーを思わせる爽快感を演出☆ 組み合わせを考えるだけでワクワクしちゃいますね♪♪


1482
パールアクセサリー付きミントグリーンシャンタンミニ
1389
PREFERENCE バラ柄サテンジャガード水色ワンピース
1307
ウエストリボンモチーフ水色タフタワンピース
1184
LOVELY QUEEN 丈長めアシンメトリーグリーンミニ
1471
パール付きアメリカンスリーブストライプミントグリーンツーピース
1221
marie claire ベルト付きミントグリーンぺプラムワンピース
1347
クリップコサージュ付き上質ウェディングサテンのタックデザインロイヤルブルーミニ
1204
She's ゴージャスパールアクセサリー&ベルト付きブルーミニドレス

爽やかカラーのドレスには、大人の余裕を感じるベージュやシャンパンゴールド、
またはシルバー系を合わせてスッキリ爽やかに。

2003
レース×シフォンティアードスリーブベージュボレロ
2044
PALME D'OR シルバーメッシュストール
2647
グリッター☆ベージュセパレートパンプス
2654
クリップコサージュ付きシルバーグリッターパンプス
line
素材で魅せる!ふんわり透け感シフォン素材

動く度にふんわりとそよ風のように揺れ、ほど良い透け感が軽やかな印象を与えるシフォン素材のドレス。

軽くて、滑らかで光沢のある生地に、夏らしい明るいお色味をプラスすることで、季節感を出しつつ、フォーマル感も◎

同じシフォン素材のボレロや、明るめのベージュのバッグで合わせて頂くと、優しく、透明感あふれる雰囲気を印象づけてくれますよ♪


1150
She's艶シフォンコーラルオレンジワンピース
1050
パールアクセサリー付き2wayドレープグリーンシフォンワンピース
1709
ジュネビビアン 胸元コサージュ付き着丈長めのネイビーミディアム
1191
LOVELY QUEEN 艶ストライプアシンメトリーネイビーミディアム
1384
オーガンジーボーダーオーバースカート付きネイビーシフォンミニ
1184
LOVELY QUEEN アシンメトリーホルターネックグリーンミニ
1289
LOVELY QUEEN ウエストビーズネイビージョーゼットミディアム
1309
ウエストパール切り替えベージュ×ミントグリーンシフォンコクーンミニ

華やかな印象のシフォン生地には、同じ素材を合わせて清潔感あふれるふんわりコーディ―ネート♪

2131
バラモチーフシフォンベージュボレロ
2008
2Way ラメレース×シフォンアイボリーボレロ
2310
サテン×シフォンティアードにストーンが眩しいベージュパーティーバッグ
2302
組曲プリエ サブバッグ付き シャンパンベージュパーティーバッグ
line
こなれ感で魅せる涼しげライン

パーティーの少ないシーズンだからこそ、きらっと光るセンスとテクニックで、オシャレ上級者として注目されちゃおう!!

汗でドレスがまとわりついて歩きにくくなったりしないように、タイトなデザインを避け、颯爽と歩けるドレスを選びたいもの。もちろん大人可愛さも忘れずに♪

小物も透け感の強いシフォンやレースをプラスして、ワンランク上の夏スタイルを完成させちゃいましょう☆


1057
パールネックレス付きピンク×黒バイカラーワンピース
1128
東京ソワール コサージュ付きサーモンピンクミニ
1406
パールネックレス付きネイビープリーツワンピース
1142
着丈長め黒刺繍のベージュゴールドミディアム
1087
パールアクセサリー付きオーバースカート2wayミントグリーンミニ
1326
Dorry Doll ウエストレース編みベージュ×ネイビーぺプラムミニ
1371
アプレジュール レーシーバックタックミントシフォンワンピース
1314
ウエストパール切り替えのお花モチーフ×シフォンプリーツスカートネイビーミディアム

涼しげラインには、シフォンやレースの小物で可憐に☆ 足元はオープントゥで軽やかに演出♪

2158
レースフリル×シフォンシャンパンベージュボレロ
2202
ラメレース×シフォンMIXベージュショール
2504
総レース×サテンリボンベージュパーティーバッグ
2619
ベージュオープントゥパンプス

ご来店注意事項

レンタル ミニ
line

夏の結婚式だからこそ必要な物はありますか?
夏の外出で一番気になるのは汗。会場に着くまでに汗をかいてしまうことも予想されます。ベトベト感が気になってしまう方は、替えのストッキングや、オシャレなタオルハンカチを持って行くのがおススメです。ストッキングを替えただけでも爽快感を感じますし、臭いも気になりません。

また、ハンカチは手を洗った後などに水分を含んでしまうとよれてしまい、エレガントさも損なわれてしまいます。汗を拭く用のタオルハンカチをもう1枚用意しておけば、そんな心配は無用。オシャレなデザインのタオルハンカチだと、皆の前でも安心して取り出すことが出来ますよね。

とっても気になる方は、市販の携帯用制汗シートや、オシャレなデザインの扇子を持って行くと良いですよ。制汗スプレーは、時間が経つとドレスに白く跡が付いてしまうこともあるので注意して下さい。

汗ジミが心配です。防ぐ方法はありますか?
汗はドレスにシミを作ってしまったり、臭いも気になりますよね。一番良いのは会場に着いてからドレスに着替えることですが、難しい場合は、キャミソールやペチスカートを着用したり、制汗シートを持って行ってこまめに拭くと、完全ではありませんが多少は軽減出来ます。また、脇をあまり締めないように腕との間に隙間を作っておくようにすると、汗が溜まりにくくなりますよ。

会場の空調が気になります。冷房対策は必要ですか?
会場にもよりますが、スーツ姿の男性ゲストを考慮し、ひんやり感じるぐらいには設定されていることが多いです。ただし、花嫁様は肩を露出している場合が多いので、寒いと感じる程ではありません。

ボレロもしくはショールなどの羽織物があれば、体温調節がしやすくなりますよ。また、羽織物は挙式はもちろんのこと、披露宴の間もマナーとしてご着用されている方が望ましいので、いずれの場合もあった方が良いでしょう。

暑いので素足にパンプスやサンダルを履いても構いませんか?
暑いからストッキングはちょっと・・・という方も多いと思いますが、マナーとして素足でのご参加はおススメ出来ません。必ずストッキングをご着用下さい。どうしても暑くて無理という時は、会場まで持って行って、会場に着いてから履かれると良いでしょう。

また、靴はエレガントなパンプス、オープントゥパンプス、パーティー用のサンダル等、きちんと感のあるものを履きましょう。特に格式のある教会や神社での挙式や、ご年配の方のご参列が多い披露宴、大都市圏以外(地方)での結婚式はマナーに厳しい方が多いので、パンプスでご参加された方が良いかと思います。

レストランウェディングやお友達のみでのパーティーなど、カジュアルなスタイルであればサンダルでも構いません。しかし、ストラップのないミュール等は、いずれの場合であってもふさわくないのでご注意下さい。また、オープントゥパンプスやサンダルでつま先が気になる場合は、ヌードトゥのストッキングにすると靴に合わせやすいですよ。

日焼け止めは、どのタイミングで塗るのがいいですか?
日焼け止めはドレスご着用の30分程前に塗ってください。お肌にしっかり馴染んでいないとドレスの襟元や胸元に日焼け止めがつき、白くなってしまいます。また、汗ばんだ体とドレスが摩擦を起こすと、せっかくの日焼け止めが取れてしまうだけでなく、ドレスに日焼け止めがついてしまいますので、こまめに汗を拭くのも予防の一つになりますよ。

はてなブックマーク